動画マーケティングとは?どんな目的と効果があるの?

動画マーケティングとは?どんな目的と効果があるの? 動画マーケティング

多くの企業が最近、動画マーケティングを活用していますが、
動画マーケティングにはどのような目的や効果があるのでしょうか?

そこで、今回は動画マーケティングの目的や効果について詳しくご紹介します!

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像を用いたコンテンツによって、商品やサービスに対する顧客の関心を高めることを目的としてマーケティング手法です。

動画はテキストよりも情報が伝えやすく、拡散されやすいのが特徴で、マーケティングに動画を取り入れることで、より幅広い層に向けて自社商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えられます。

近年ではWi-Fiの利用範囲の拡大など通信環境が整備されたことによってデータ通信量を気にすることなく動画を楽しめるようになっています。
また、5G時代の到来でWi-Fiがなくても大容量のデータをすぐにダウンロードできたり、どんどん動画を見ることにストレスがなくなってきています。
また、YouTubeやInstagramのような動画コンテンツを拡散しやすいSNSの普及もあります。
これらの要因が後押しし、動画マーケティングは効果的な手法の一つとして、注目度をましています。

動画マーケティングの目的

動画マーケティングの目的

動画マーケティングは現在では多くの企業が取り入れています。
その理由は、実施によって目的を遂行できているからに他ありません。

動画マーケティングを行う目的には、以下の3つが挙げられます。

  • 周知・認知度をUPさせる
  • 商品やサービスの魅力を伝える
  • 商品購入・売り上げUPにつなげる

さっそく、動画マーケティングのそれぞれの目的についてみていきましょう!

周知・認知度をUPさせる

動画マーケティングを行う目的の一つ目は、認知度をUPさせる周知です。
どんなに優れている商品やサービスを提供していても、それを顧客に見つけてもらえなければ意味がありません。
ひと目で商品の特徴が分かるような動画マーケティングに用いることで会社や商品・サービスの認知度を飛躍的に高められます。

また、動画は拡散されやすい特性も備えているので、インターネットやSNSを通じて見つけてもらえる確率が上がることからも周知をすすめられます。

商品やサービスの魅力をわかりやすく伝える

2つ目は商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えることです。
動画には、テキストで伝えるのが難しいイメージや雰囲気などを伝える力があります。
商品を使って問題を解決している様子や、サービスを利用して恩恵を受けているシーンを動画にすることで、魅力を的確に伝えることができます。

また、商品やサービスの使用方法を動画で解決することは、視聴者の理解度を高めることにもつながります。
理解度を高めることで、より商品やサービスに魅力を感じれるようになります。

商品購入・売り上げUPにつなげる

3つ目は、商品購入や売り上げUPにつながることです。
動画で商品やサービスの魅力を伝え、使用方法を解説して、顧客地震が使用しているところをイメージさせることで、購入意欲が促進されます。

実際に、商品紹介動画をみたグループと視聴していないグループの比較調査で、動画をみたグループは見ていないグループに比べて約10倍も購入意欲が高かったという結果もあります。
なので、動画マーケティングは商品の購入や売り上げUPを促進するのに適した方法であると考えられます。

動画マーケティングの効果

動画マーケティングの効果

多くの企業が動画マーケティングを取り入れる目的は、商品やサービスの認知度を高めて魅力を伝え、購入を促進することです。

動画マーケティングの効果として、以下の3つが代表的なものとして考えられます。

  • SNSを利用して広げる広告効果
  • SEOの評価が上がりやすい
  • コンバージョン率UPにつながる

ここでは、動画マーケティングによって得られる効果についてご紹介します!

SNSを利用して広げる広告効果

動画マーケティングの効果の一つ目は、SNSを利用して広げる広告効果です。

スマホやWi-Fiの普及により、ユーザーが動画広告を目にする機会は大きく増加しました。
また、動画を気軽に見られるYouTubeやInstagramなどのSNSが普及したことで、動画コンテンツが再生されやすくなっています。

SNSユーザーの年齢層は幅広く、魅力的な動画広告を投稿すると、視聴者の手によって拡散されて多種多様な層の目に留まります。
場合によっては、自社でも予想していなかったほどの広がりを見せ、高い広告効果をもたらすこともあります。

SEOの評価が上がりやすい

動画を自社のWEBサイトやランディングページに設置することで、SEOの評価が上がる効果も期待できます。
これはGoogleの検索エンジンが、動画にはコンテンツとしての価値があると認めているからです。

しかし、Googleは動画の中身をチャックして評価しているわけではありません。
Googleがチェックしているのは、動画に付随するテキスト情報です。
なので、動画のタイトルや説明文、タグといったテキスト情報に気を配る必要があります。

ユーザーが検索しているキーワードをテキスト情報に含め、求めている情報と内容が一致する動画をWEBサイトやランディングページに設置することで、検索エンジンでの評価が上がりやすくなります。

コンバージョン率UPにつながる

動画マーケティングには、コンバージョン率をアップさせる効果もあります。
コンバージョン率とは、WEBサイトに発生したアクセスのうち、どれほどの割合で成果(=コンバージョン)につながったかを示す数値のことです。

つまり、ランディングページでは最終的な成果である商品の購入やサービスの申し込みにつながった割合がコンバージョン率です。
コンバージョン率がアップしたということは、それだけ購入や申し込みの数が増え、売り上げUPにつながったということを意味します。

また、ランディングページに動画を設置することで、商品やサービスの魅力がテキスト情報よりも早く、わかりやすく伝わります。
その結果、ユーザーの購買意欲を高められ、購入や申し込みにつながります!

動画マーケティングをうまく活用しよう!

動画マーケティングは、多くの情報を素早く伝えて関心を高め、自社のブランディング向上や商品の購入率アップにつながる手法です。
動画によってどんな目的や効果を発揮したいのかを考え、動画の種類や公開場などを適切に選ぶことで、高いマーケティング効果が期待できます。

タイトルとURLをコピーしました