動画マーケティング | メリットや重要な課題を知ろう!

動画マーケティング | メリットや重要な課題を知ろう! 動画マーケティング

仕事の成果につながるマーケティングの一つとして、動画マーケティングが非常に注目を集めています。
しかし、動画マーケティングといっても、色んな目的があります。

目的によって抑えるポイントが違ってくるので、動画マーケティングを行う際には、それぞれのポイントをしっかりと理解することが大事です。

そこで、今回は動画マーケティングのメリットや重要な課題についてご紹介します!

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、映像コンテンツをインターネット上で用いることで、顧客に対して商品やサービスの関心を高めることを目的としてマーケティング活動です。

動画という訴求力ある“コンテンツ”を通じて、企業と顧客がコミュニケーションをはかることから、コンテンツマーケティングの一種ともいえます。
また、企業そのものへ関心を持ってもらうことにも有効です。
知名度向上、ロイヤルティ向上という点では、企業のブランディング戦略にも適しています。

動画マーケティングの効果

商品・サービスの認知度アップといった、プロモーション戦略として使うのが一般的です。
まずはたくさんの方に知ってもらうということです。
企業のイメージアップといった、ブランディング戦略も同様です。

そして、顧客のロイヤルティ醸成をはかりながら、商品やサービスの購入、会員獲得といった、CV(コンバージョン)へと繋げていきます。

動画マーケティングのメリットとポイント

 

動画マーケティングのメリットとポイント

動画マーケティングの一番のメリットは、写真や文字では伝えきれない細かなニュアンスも伝えることができる点です。
例えば、文字で「強く」「弱く」のような言葉を書いていても、実際にどれくらいの力加減なのか伝えることは難しいです。

しかし、動画であれば微妙な力加減まで資格的に伝えることができます。
また、短い時間で膨大な量の情報を届けることができるのもメリットです。
商品やサービスへの理解度を高めるだけでなく、ユーザーの印象にも残りやすくなります。

動画マーケティングのメリットとして、SNSなどで拡散されやすく、役に立つ動画や、面白い動画と認識して貰えばシェアされる可能性も高まり、認知度をあげることにつながります。

動画マーケティングで抑えるべきポイント

ますは、動画マーケティングの目的を明確にすることが重要になってきます。
商品の認知度を上げるのが目的なのか、購入を促すのが目的なのかでは、大きく動画の内容も変わってきます。
明確な目的がないまま制作を始めてしまうと、内容もぼやけてしまい、成果につながらない動画になってしまいます。

どんな媒体を使うのか

動画をどんな媒体で使用するのか明確にしておくことが大切です。
動画を配信する媒体には、自社のウェブサイト、動画配信サイト、SNS、動画広告などたくさんの種類があります。
配信する媒体を決めて、その媒体の特製を踏まえた上で動画を制作するのがポイントです。

動画マーケティングの重要な課題

動画マーケティングの重要な課題

色んなメリットを持っている動画マーケティングですが、取り組む際に重要な課題もあります。
それらの課題をしり、対策を立てることで動画マーケティングの効果を最大化していくことができます。

ここでは動画マーケティングの重要な課題についてご紹介します!

映像制作を行うスキルが無い

動画制作をするのに、やはり一番重要なのは「映像制作のスキル」です。
動画マーケティングに取り組んだことがない企業のほとんどは、動画制作の経験がありません。

なので、どういった動画コンテンツを制作したら良いのか、どのように制作すれば良いのかわかりません。

動画マーケティングのノウハウが無い

従来からデジタル・マーケティングを実施してきた企業でも、動画マーケティングを実施するためのノウハウが無いというケースが多々あります。
テキストや画像を主体としたマーケティング活動とは様態が異なるため、やはりcおうがマーケティングに特化したノウハウが必要になってきます。

独学でノウハウを身につけるのか、映像制作会社のノウハウを吸収するかが、一般的な展開方法になります。

何を動画にしたら良いのかわからない

動画を依頼する側の方のほとんどは、何を動画にすれば良いのかわからないことが多いです。
なので、動画マーケティングをする側は、その仕事にどんな魅力や価値があるのかをしっかりと把握する必要があります。

さらに、依頼主からの要望や何を伝えたいかを聞き、最適な動画を提供する必要があります。

PDCAを意識して継続的な動画マーケティングをしよう!

動画マーケティングに欠かせない重要なポイントは、ビジネスパーソンなら誰もが知っている『PDCA』をしっかりと回していくことです。
『Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Act(改善)』のプロセスを繰り返し行うことで、動画マーケティングを単発で終わらせるのではなく、継続的に実施可能なマーケティング施策にすることができます。

継続的な改善があってこその動画マーケティングなので、マーケティング活動をする時は必ずPDCAを意識した運用を心がけましょう!

タイトルとURLをコピーしました