動画マーケティングのメリット・デメリット!大切な考え方も紹介!

大切な考え方も紹介! 動画マーケティング

動画マーケティングにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
また、どんな動画マーケティングの手法で行っているのでしょうか?

このように、疑問に思っている方は多いと思います。

そこで、今回は動画マーケティングのメリット・デメリットや手法などについてご紹介します!

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングでは、動画ならではの拡散力や情報伝達力を利用することで、さまざまなマーケティング効果が期待できます。

ここでは動画マーケティングのメリットについてご紹介します!
動画マーケティングのメリットをフル活用しましょう。

動画の方が短時間で多くの情報が伝わる

動画は、テキストや静止画に比べて圧倒的に多くの情報量を短時間で伝えられます。
なんと動画は静止画の5000倍もの情報量が伝わる、1分の動画で180万字の情報を伝えることができると言われています。

例えば、文字で書かれたレシピを読むだけではなかなか手順を理解できなかったとしても、実際に料理をしている動画を一度見れば、大まかな手順が把握しやすいと思います。
このように、ただ文字を読むだけと動画を見るのとでは、動画を見た時の方が短時間で情報を明確につかめます。

視覚に訴えかけれるため魅力が伝わる

動画は視覚に訴えることで魅力を適切に伝えることができます。

会社の商品、サービスなどの魅力を全て言葉で的確に表現するのは、とても難しいです。
しかし、言葉で伝えることが難しいイメージや雰囲気、ニュアンスの違いなどを伝えたいこともあると思います。

動画は文字だけでなく、アニメーションや実写映像などを用いることで、抽象的なイメージであっても伝わりやすいという特徴があります。
一度動画を見ただけでも強く印象に残せるために、視聴者が商品やサービスのことを思い出すきっかけを増やし、継続的に魅力を伝えることにつながります。

SNSの拡散で期待以上の広告効果の可能性も!

動画は、拡散によって予想していた以上の広告効果を生み出す可能性を秘めています。
動画再生されやすく、また拡散もされやすいコンテンツです。
視聴者が面白い、魅力的だと感じた動画は、SNSで拡散されることで多くの人の目に留まります。

インターネット上の口コミにより爆発的に話題が拡散されることは、「バズる」と表現されます。
動画は拡散されやすいのでバズりやすく、大きな広告効果につながることがあります。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングのデメリット

上記のように動画マーケティングには様々なメリットがあるの、すぐにでも取り入れたくなるかもしれません。
しかし、場合によっては動画マーケティングがデメリットとして作用してしまうこともあります。

なので、ここでは動画マーケティングのデメリットについてご紹介します。
メリットだけでなくデメリットも確認して、動画マーケティングの導入プランを練りましょう!

自社に動画編集できる人材がいない

自社に動画制作できる人材がいないことは、動画マーケティングの大きなメリットになり得ます。
一般的に新しいことを始めるときには、経験者がいないとなかなか始めの1歩を踏み出しにくいものです。

なので、社内に動画制作の知識やノウハウを持った人材がいなければ、動画マーケティングをプランニングするにしても何から始めたらいいのか、わからないのが普通です。
また、これは自社で動画制作をするときだけに起こることではなく、制作会社へ外注する際にも的確な指示を出せないため、満足できる動画ができず、マーケティング効果が得られないこともあります。

企画・撮影・編集など完成までに時間がかかる

動画・映像制作は複数の工程を踏む必要があり、完成までに時間がかかります。
なるべく早くマーケティング効果を得たい場合には、時間がかかることがデメリットとなってしまうこともあると思います。

一般的に動画・映像制作は大まかに以下のような流れで行われます。

  • 動画・映像制作の方向性を決める
  • 企画・構成作成
  • 撮影
  • 編集

これら全てが完了して納品されるまでかかる日数は、作る動画・映像によって大きく異なります。
基本的には数週間〜数ヶ月かかるものと考えるのがいいと思います。

制作会社に依頼するとコストが高くなる

自社で動画を作るのではなく制作会社に依頼すると、コストが高くなる傾向があります。

動画制作には、主に以下のような費用がかかります。

  • 人件費
  • 企画構成費
  • 撮影費
  • 編集費
  • 納品費

動画撮影にどれほどの人数が必要なのか、撮影場所にかかる費用がどれくらいなのかなど、条件によって製作費は大きく変動します。
また、制作会社が何を重視しているかによって、見積もりに大きな幅が出るのも動画制作の特徴です。

相場は安くても数十万円かかると考えた方がいいと思います。
十分な予算を確保しなければならないことは、動画マーケティングのデメリットになり得ます。

動画マーケティングの手法

動画マーケティングの手法

ただ動画を作れば動画マーケティングは成功するのかというと、そうではありません。

動画マーケティングにはいくつも考えなければならないポイントがあり、成功させるためには適切な手法をしっかりと伝える必要があります。
ここでは、動画マーケティングの手法について詳しくご紹介します!

動画・映像の企画をする

まずは、制作する動画の目的を企画段階できちんと決める必要があります。
集客のための動画なのか、企業のPRにしようする動画なのか、目的が変われば作るべき動画がどのようなものか見えてきます。

動画の目的が決まったら、内容の企画を練ります。
その目的を達成するために適切なのは、イラストやキャラクターを用いたアニメーション動画なのか、それとも人物や風景の撮影を行う実写動画なのか、動画に起用する人物は社員なのか、インフルエンサーなのかなど、決めるべきことはいくつかあります。

目的に合わせた内容の動画を制作

動画を作る目的を決めたら、どんな種類の動画を制作するのかを決めましょう!

主な動画の種類は以下のようになっています。

  • 集客動画
  • ブランディング動画
  • コンバージョン獲得動画

集客動画は、自社のWEBサイトやランディングページに見込み顧客を集め、必要な情報を届けることで、自社に興味を持ってもらうことを目的とした動画です。
ちょっとした知識を伝えるハウツー動画などが適しています。

ブランディング動画は、企業の信頼性を高めて商品やサービスのイメージアップにつなげたり、採用に生かしたりする動画です。
商品の開発秘話や社風を伝えるストーリー動画などが該当します。

コンバージョン獲得動画は、商品の購入やサービスの申し込みなどにつなげるための動画です。
主にランディングページに設置し、顧客の行動を促します。
商品の使い方やサービスの申し込み手順を解説する説明系動画が代表例です。

動画を公開する場所の選定・公開

制作した動画をどの媒体で公開するのか、場所を決めることも重要です。

公開する媒体は主に以下のようなものがあります。

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 自社公式WEBサイト

SNSで動画を公開するときは、多くの場合広告として出します。
画面いっぱいに表示されるInstagramのストーリー広告、音声不要で再生されるFacebook広告など、使用するSNSによって広告の形は異なります。
SNSには高い拡散力があるので、ブランディング動画など多くの人の目に触れさせたい動画はSNSを使用する方がいいと思います。

また、SEO対策で閲覧ユーザーを増やしたい場合や、企業に興味を持った方がさらに自社にことを詳しく知ってもらいたい場合には、自社のWEBサイトで動画を公開するのがおすすめです。

動画マーケティングをはじめてみよう!

動画マーケティングのメリット・デメリットや手法についてご紹介しましたがどうでしたか?

動画マーケティングにはたくさんのメリットがありましが、反対にデメリットもあるので、しっかりメリットとデメリットを把握することが大切です。
また、動画を公開するにしてもどの媒体で公開するかによって目的や映像制作の仕方が変わってきます。

いまでは便利なサービスを活用することで、自社制作でもクオリティの高い動画を作れます。
目的に合わせた動画を作り、動画マーケティングを始めてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました