動画マーケティングで大切な6つのポイント!これさえ抑えておけば大丈夫!

動画マーケティングで大切な6つのポイント!これさえ抑えておけば大丈夫! 動画マーケティング

動画マーケティングを行う上で大切なポイントは、どんなことがあるのでしょうか?

結論から言うと、動画マーケティングで大切なポイントは6つあります。
どれもとっても大切なポイントなので、しっかりと把握しておきましょう!

そこで、今回は動画マーケティングで大切な6つのポイントについてご紹介します!

動画マーケティングで大切な6つのポイント

動画マーケティングには主に大切なポイントは主に6つあります。
さっそく、動画マーケティングの大切な6つのポイントを見ていきましょう!

1. 動画の目的を明確にする

動画は、「誰のための、何の動画なのか」によって使い勝手が変わってきます。

動画の用途に応じて理想的な動画の長さも変わってきます。
まずは、これから制作しようとしている動画の目的を明確にしましょう。

それができたら、競業や他業種の動画を確認します。
すると、動画がどのようなポイントで作られているのか、見えてくると思います。

2. 動画は最初の5秒が大切

動画は最初の5秒が最も大切だと言われています。

その理由は、ユーザーは動画をみて最初の5秒で続きをみたいかどうかを決めるからです。
だから、動画の後半にどんな素晴らしい内容を用意していても、最初の5秒がつまらなければ最後まで見てもらうことはできないです。

・いかに最初の5秒で関心を集めるか意識すること
・ターゲットユーザーが気になることを先に提示して、続きが見たくなるように設計すること

人気の動画を研究し、最初の5秒がどのようになっているのか見比べてみる方法がおすすめです。
そうすることで成功パターンの傾向が見えてくると思います。

3. シェアされやすい動画の特徴を知る

動画がどのようにソーシャルメディアで話題を集め、シェアされているのかを調べてみましょう。

動画は拡散していくことで、どんどんパワーを増していきます。
シェアされやすい動画の特徴は「驚き」「感動」「笑い」の3つがあります。

驚きがある動画は、意外性があるものです。パフォーマンスが優れているものや、ハプニング動画などです。

次に感動を誘う動画は、みているだけで涙を誘うようなものです。シェアされるものの多くは、ストーリーになった動画広告が目立ちます。

最後に「笑」のある動画は、動物や赤ちゃんなどが笑いを誘っているものが多いですが、面白みを加えるという点で真似することができるのではないでしょうか。

4. 動画を公開する場所とアクション誘導

動画は制作して配信をすれば終わりではありません。
本当に重要なのは動画を公開する場所と、動画を見せた後のアクションへつなげることです。

動画を見せるまでの流れとは、そもそも動画がユーザーの目につきやすい場所に置いてあるかどうかです。
動画を公開する媒体は主に以下のようなものがあります。

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • 自社公式WEBサイト

YouTubeで見つかりやすいように検索でヒットさせたいのなら、タイトルや説明文、タグに意識的にSEOキーワードをちりばめる必要があります。
また、自社のWEBサイトにひっそりと置いておくだけではみてもらえません。
サイトの一番目立つ場所におくか、既在の会員にメールで配信して告知するなど、みてもらえるための工夫をしましょう。

そして、動画を見てもらった後は、どんなアクションを起こしてほしいのか、誘導しなければいけません。
ユーザーが動画を見て満足して終わりでは、自社に何のメリットもないので、CTAボタンを設定して、具体的なアクションを提示しましょう。

5. 動画のアクセスを解析してパワーアップ

動画を配信したら、アクセス解析を確認しましょう。

YouTubeに投稿した動画であれば、管理画面から「再生回数・ユーザー層・再生場所・トラフィックソース・視聴者維持率」がわかるようになっています。
アクセス解析を見ながら、予測していたユーザー層と、実際のユーザー層を見比べてみてください。

また、どんなキーワードで動画が検索されているのかも重要になってきます。
多く検索されているキーワードを知ることで、自社が狙うべきキーワードが見えてくるでしょう。

そのキーワードを含めたシリーズ動画を作成していれば、ある程度のアクセス数は見込めるでしょう。

6. 求められる動画のクオリティーを見極める

近年の動画の視聴者は、YouTubeなどでアマチュアクリエイターが制作した作品も含めて大量の動画を見ています。
なので、マーケティングの一環してとして動画を制作する場合も、技術、内容ともに高いクオリティーが求められています。

しかし、自社制作で高品質な動画を目指す場合は、ビデオカメラやレンズ、照明などの専門性が高い機材、動画制作ソフトを利用する技術が必要になってきます。

動画を撮影、編集すると行った作業もあり、慣れていなければ時間がかかります。
機材は用意できても、適切に扱える人材をそろえるのは難しいかもしれません。

円滑に高品質な動画を制作するには、豊富な経験と技術のあるプロフェショナルの力を借りるのも良い方法と言えます。

動画マーケティングで大切なポイントを活用しよう!

どんどん高速化し、スピード感、トレンド感が重要なインターネットマーケティングの世界で、動画は大きく活躍するようになりました。

プロダクトの発表や広告、宣伝だけでなく、販売促進や企業のブランディングなど、活用の幅は広がっています。
高機能なスマートフォンが多くの人々の生活の一部となった今、動画はいつまでも人々の手元で再生され、楽しまれる、重要な情報源です。

今後も価値が高まっていく動画をマーケティングツールとして活用することは必須といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました