映像クリエイターとは?どんな種類の仕事があるの?

映像クリエイターとは?どんな種類の仕事があるの? 映像クリエイター

最近では、YouTubeなどの普及により一般の方が動画を作成してWEBで公開することも多くなっています。
自分で動画の編集や作成ができる方の中には、クリエイターとしてやっていきたいと考えている方も多いのでないでしょうか?

では、動画・映像クリエイターとは、どういう仕事なのか知っていますか?

今回は映像クリエイターの仕事内容ややりがいについてご紹介します!
自分のスキルを生かしてクリエイターの仕事をしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

映像クリエイターとは?映像クリエイターの職種

映像クリエイターとは?映像クリエイターの職種

映像クリエイターとは、映像作成に携わる全ての職種のことをいいます。
業界は多岐にわたっており、テレビ番組・CM・アニメーション・映画・ミュージックビデオ・Webコンテンツ・ゲームなどさまざまです。

そして映像クリエイターの職種は、制作系と技術系に分けられます。
さっそく映像クリエイターの職種についてみていきましょう!

制作系

制作系は、プロデューサー・ディレクター・アシスタントディレクターなどです。

業務内容は、映像の企画・制作です。
制作系では、プロデューサー・ディレクター・アシスタントディレクターなどです。

プロデューサー

制作会社の指揮をとり、企画・スポンサーとの交渉・スケジュールや予算管理などを行います。
企画力・交渉力・マネジメント力が求められます。
また、業かでの人脈の広さも必要です。

アシスタントディレクター

プロデューサーのアシスタント業務を行います。
プロデューサーになるためには、アシスタントプロデューサーとして知識・経験・人脈・能力を養う必要があります。

ディレクター

プロデューサーの指揮に従って、制作・演出をします。
制作に関わるさまざまなスタッフに指示し、

アシスタントディレクター

ディレクターのアシスタント業務を行います。
ディレクターになるには、アシスタントディレクターとして知識と経験を積む必要があります。

技術系

技術系は、編集オペレーター・CGクリエイター・音声などです。

業務内容は、動画の編集や加工で、編集・CG・音声などそれぞれの高度な技術が求められます。

編集オペレーター

ディレクターの指示どおりに、映像のカット編集・テロップ挿入など、DVE(デジタルビデオグラフィックス)を使って、映像を加工します。

CGクリエイター

CG(コンピュータグラフィックス)を使って、画像やテキスト、動画などを作成します。

音声

音声には、ナレーションやBGMなどの音を加えるMAミキサー(マルチ・オーディオ・ミキサー)効果音をつける音響効果、撮影中の音声を録音する録音時術などがあります。

映像クリエイターのやりがい

映像クリエイターのやりがい

映像クリエイターの仕事内容についてご紹介しましたが、映像クリエイターの方のやりがいはなんなのでしょうか?
映像クリエイターのやりがいについてご紹介します!

動画・映像を作ることが楽しい

自分のアイデアやこだわりが形になるのは、動画・映像クリエイターの喜びです。
自分の感性をフルに活かし、いい作品をつくる喜びは、クリエイティブな仕事でなければ味わえません。
企画やアイデアを考え、こだわりの映像や音を作ることで充実感が得られます。

メッセージが伝わる

自分の頭の中のイメージを映像や音で表現し、それを多くの人に見たり聞いたりしてもらえることは、クリエイターには嬉しいものです。
映像や音に込めたメッセージに多くの人が共感してくれたり、気づいてくれたりすると、大きなやりがいになります。

視聴者からの応援が嬉しい

近年では、視聴者の反応がわかりやすい時代です。
Twitterやブログ、YouTubeなどで紹介する視聴者も増えています。
「面白かった」「よかった」などダイレクトな反響がると、達成感がわき、クリエイターのやりがいになります。

自分の作品を残せる

クリエイターにとって、自分の作品を残せるのも嬉しいところです。
昔に作った作品を見直して、その頃のことを振り返ったり、自分の今の作品とくらべたりできるのは、動画・映像クリエイターの特権です。

映像クリエイターの将来性!

映像クリエイターの将来性!

映像クリエイターの将来性はどうでしょうか?
将来性がある職業かどうかは目指す人にとって大切な問題です。

結論から言うと、映像クリエイターの将来性は十分に期待できます!

さっそく映像クリエイターの将来性についてみていきましょう。

映像クリエイターのニーズ

近年では、インターネットやスマートフォンの普及により、以前より多くの場面で動画・映像が使用されるようになります。

インターネットでは、画像や映像を使用した広告が多くみられます。
大手企業の自社サイトでも映像・動画を使って商品を紹介しています。
なので、映画の3D化やテレビのデジタル化によって、高品質な映像を制作できるクリエイターの需要も高まっています。

仕事の幅が広い

映像クリエイターは、仕事の幅が広いのも特徴です。
テレビ・CM・インターネットサイト・映画・ゲーム・アニメーション・プロモーションビデオなどあらゆるジャンルで活躍することができます。

映像クリエイターが活躍する代表的な企業は以下のようになっています。

  • 広告代理店
    CMや広告に使用する動画・映像を制作します。
  • 映像制作会社
    クライアントの要望に応じて必要な映像を制作します。
  • テレビ局
    主に、自社や系列局で放送される映像を制作します。

映像クリエイターになろう!

動画・映像クリエイターにはさまざまな職種があり、幅広い業界で活躍することができます。

それに、これから映像クリエイターを目指そうとしている方は良いタイミングだと思います!
その理由は映像クリエイターのニーズは高まっていて、これからもどんどん動画・映像は良く使われるようになると思います。

興味がある方は、まずは初めてみないと面白さがわからないと思うので、まずは初めてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました