映像制作におけるテロップの効果とノウハウ!テロップの技術は大切!

映像制作におけるテロップの効果とノウハウ! 映像クリエイター

YouTubeやテレビなどを見ていると、基本的にテロップがありますが、テロップにはどのようなこ効果があるのでしょうか?

テロップの効果は意外と大きいので、映像クリエイターを目指している方は、
テロップの効果や使い方、ノウハウをしっかりと把握しておきましょう!

今回は映像制作におけるテロップに効果とノウハウについてご紹介します!

映像制作のテロップとは?

映像制作のテロップとは?

テロップとは、テレビの画面に映し出される文字や図形、写真、絵、イラストなどのことです。
テレビカメラを通さずに、画面に直接映し出すための技術の総称でもあります。

映像制作をしていると、テロップを入れることで内容が大きく変わることは百も承知の人がほとんどです。
しかし、実際にテロップを入れることでどれだけの効果を得られるのかを説明できる人は、意外と少ないと思います。

テロップを入れることで得られる効果は、どのようなものなのでしょうか?
映像制作におけるテロップの効果についてご紹介します!

映像を華やかに見せることができる

テロップの文字や色を指定することによって、映像の雰囲気を明るく華やかにすることができます。
明るく笑いが起こりやすいバラエティ番組などを見ると、テロップが多用されていることがわかります。

逆を言えば、テロップ次第で番組のイメージが決まってしまいかねないということです。
番組の雰囲気を崩さないテロップ作りが求められます。

丁寧な説明ができる

映像や音声だけでは伝えきれない部分を、テロップを用いて伝えることが可能です。
耳では聞き取れない部分も、テロップを用いて資格的に訴えることができます。

また、長い文章をナレーターが読み上げた場合でも、丁寧な説明文があれば視聴者は理解を深められます。

間違えた言葉も間違えないように見せれる

もしも映像の主演者が言い間違いしてしまったとしても、テロップを使うことで間違いがなかったように言い換えることが可能です。
テロップを用いることで、誤った情報が伝わるのを防ぐことができます。

最近では企業の広報担当者や個人の趣味として動画を取ってSNSに投稿する人も増えてきているので、カメラの前で話すことに慣れていない人にとってはテロップは有効な手段だと言えるでしょう。

映像制作に役立つテロップを作るコツ

映像制作に役立つテロップを作るコツ

どうやれば目立つテロップを作れるのかと、悩む映像制作者は多いと思います。
テロップの重要性を知っている人にとって、目立つテロップを作ることは必須条件です。

文字サイズを意識する

いくら目立たせなくても、文字サイズが大きすぎると逆効果です。
映像に大きすぎるテロップがかぶると、視聴者は邪魔に感じてしまいます。
大きい文字でも映像の邪魔にならないかを意識しましょう!

逆に小さすぎると、そもそも文字を認識できなくなる恐れもあります。
まずは、流れる映像にあった適切なサイズのテロップを意識しましょう!

サイズに慣れてきたら、文字の大きさを意識した装飾や目立つテロップを作成することが可能です!

配色に気をつける

色彩も映像性s買うにとって重要な項目です。
映像の反対色でテロップを作ることを意識しましょう!

目立たせようといするあまり、派手な色のテロップのつける人もいますが、テロップがいくら目立つ色をしていても、派手な映像に載せるとくすんでしまいます。

慣れてきたら、テロップに色付きに外枠をつけてさらに目立たせるという方法も取り入れると、より効果的です。

音声とは別の内容をテロップにする

音声とは別のテロップに映し出すことで、視聴者に注目をされるという方法があります。

音声をそのままテロップにするのは王道のやり方です。
しかし、それでは面白みに欠けてしまいます。

音声とテロップの表記をあえて別にする方法なら、出演者の心の声や見ている視聴者の声が代弁でき、映像の面白さが増します。
少し高度なテクニックですが、使いこなすことができれば、視聴者数が延びることは間違いあリません。

映像制作にテロップの技術は欠かせない!

テロップは、映像制作をしていく上での必須項目です。
最初はテロップを入れることに難しさを感じるかもしれませんが身につけることができれば大きな武器となるでしょう。

人気の映像制作者がどのようなテロップを使っているのか、参考にしてみるととっても面白いですよ!
プロの映像制作者のテロップのテクニックを吸収し、自分なりにアレンジしてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました