映像クリエイターになるには資格は必要?年収はいくら?

映像クリエイターになるには資格は必要?年収はいくら? 映像クリエイター

映像クリエイターになるには資格などが必要になってくるのでしょうか?

結論から言うと、映像クリエイターになるのに必要な資格がありません。

しかし、資格がないといっても最低限の知識やセンスが必要になってくる場合もあるので、映像クリエイターになるための方法と、給料・年収などについてご紹介します!

映像クリエイターになるには?

映像クリエイターになるには?

今や誰でもスマホで撮影・編集した動画をYouTubeなどで簡単に公開できる時代です。

しかし、「映像業界で働きたい」「映像クリエイターとして働きたい」と言う場合は、映像制作を依頼してくれたクライアントの要望に沿って適切な映像を作る必要があります。

そこで、プロの映像クリエイターになるのは、どこでどのような知識やスキルを得ることができるのでしょうか?

さっそく、映像クリエイターになるために必要な資格や、どのような業界で活躍することができるかなどについてみていきましょう!

基本的には映像制作会社に就職して学ぶ

映像クリエイターにんるには、映像関係学部のある大学や映像制作技術の学べる専門学校、スクールを卒業しなければならないわけではありません。

普通の大学が高卒でも映像クリエイターを目指すことは可能です。

なぜなら映像クリエイターになるには、基本的に映像制作会社テレビ局などに就職することが前提となります。
映像制作会社などに入社し、先輩のアシスタントとして撮影や編集に使う教材の発注作業や企画に使うシナリオ・絵コンテの清書の手伝いなどを行いながら、仕事の概要や流れを掴んでいくことになります。

多くの場合は入社から数年間はアシスタントとして先輩につくことになり、その中で業界や仕事に慣れ実力をつけていきます。
実力が認められ、企画の低酸や映像編集などの業務をだんだんと任せてもらえるようになり、メインの映像作品の担当を任せてもらえるようんいなるのが一般的です。

必要な資格はナシ!

映像クリエイターになるには、特に必要な資格はありません。
「CGエンジニア検定」や「映像処理エンジニア検定」などの資格があるに越したことはないかもしれませんが、そういった資格よりも実力が重視される業界です。

クライアントの求めるものを理解して映像にするセンスやスキル、視聴者に伝えたいことをわかりやすく映像化するセンスやスキル、最新機器を効率的に使うスキルなど、何よりもセンスやテクニックが求められます。

なので、「〇〇の資格を持っている」とか「〇〇大学で学んでいた」などのことよりも、実際に制作した作品に対する評価が重要になってきます。

映像クリエイターに必要なスキル

映像クリエイターには芸術的なセンスや知識、最新の機器を使いこなす高度なテクニックが求められると共に、プロデューサーやディレクターといった制作系の仕事では、クライアントの意図を汲み取ったりカメラマンなどに的確な指示を出したりする必要もあるので、コミュニケーション能力やマネジメントスキルが必要です。

また、スケジュールや予算の管理能力、さまざまな場所へ撮影に行くことになるのでフットワークの軽さも大切なスキルと言えるでしょう。

センスは日頃からさまざまな映像作成に触れたり、世の中の流行をキャッチアップしたりすることによって磨いていくこともできるので、普段から意識的にそういったものに触れるようにしましょう!

映像クリエイターの給料・年収は?

映像クリエイターの給料・年収は?

映像業界は学歴や資格がなくても働ける代わりに、完全な実力主義の業界でもあります。
なので、映像クリエイターの給料・年収は所属する会社や雇用形態、個人の実績や知名度などによって大きく変わります。

相場としては、正社員として待遇のいい大手の映像会社やテレビ局、広告代理店といった企業で働いた場合、キャリアを積んで一人前になれば年収700万〜1,000万円以上を稼ぐことができます。

小さな制作会社の場合

また、小さな映像制作会社などで正社員として働いた場合、キャリアを積んでも年収600万円程度が相場となります。
実績が少ない場合であれば、年収300万円程度と言うのが相場です。

また、小さな映像制作会社などで働く映像クリエイターはアルバイトや契約社員といった非正規の雇用形態で働く人も多く、その場合は時給1,000円程度が相場となることが多くなっています。

フリーランスの場合

フリーランスの場合は収入が完全出来高制です。
実力や人気が収入に直結するため、給料・年収は個人によって大きな差が出てきます。

フリーランスで映像の仕事を受けた場合、相場は映像を放送するメディアや尺などによっても異なりますが、大体1本数万円〜数百万円の契約になります。
有名な映像クリエイターの場合は1本あたりの報酬が高額になるため、年収1,000万円を超えることも珍しくありません。

しかし、実勢が少ない映像クリエイターの場合は膨大な作業時間の割にわずかな報酬しかもらえず、年収300万円以下となることもあります。

映像クリエイターとして生計を立てることには相当な実力が必要となりますが、自分の能力や技術次第で高収入を稼ぐことができる可能性もあるので、やりがいのある仕事です!

自分のセンスやテクニックを磨こう!

「映像クリエイターになりたい!」という方のために、映像クリエイターになる方法から仕事内容、給料・年収などについてご紹介しましたが、どうでしたか?

学歴や資格がなくても実力が評価されれば活躍することができる映像クリエイター。
それは夢があると同時に厳しい世界だということでもあります。

しかし、これからもドンドンと映像クリエイターの需要は大きくなっていきます。
これからも期待されている業界に自分に自信を持って挑戦してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました