未経験から映像クリエイターになるには?働き方の種類やおすすめの学び方!

未経験から映像クリエイターになるには?働き方の種類やおすすめの学び方! 映像クリエイター

近年、最も需要がある仕事の種類として人気の映像クリエイターですが、未経験から映像クリエイターになることはできるのでしょうか?

結論から言うと、未経験から短期間で映像クリエイターになることは可能です!
しかし、そこで重要になってくるのが学び方です。
一番おすすめの勉強方法は、映像制作スクールでスキルやマーケティングを学ぶ方法です!

今回は未経験から映像クリエイターになるための方法や働き方の種類などについてご紹介します!

映像クリエイターとは?働き方の種類

映像クリエイターとは?働き方の種類

映像クリエイターとは、映像を制作する全ての職種の人のことを指します。

  • 企画全体の舵取りをするプロデューサー
  • 進行管理をするディレクター
  • ディレクターのサポートをするアシスタントディレクター
  • 撮影をするカメラマン
  • 素材を組み合わせる編集者
  • 音周り全般を担当する音声
  • CG作成をするCGクリエイター

このように映像制作のプロセスごとに様々な職種が存在しています。
しかし、これからの時代に最も期待されている映像クリエイターは「動画・映像編集者」です!

動画・映像編集者はいろんな仕事に対応しやすく、仕事の単価が高く多いことから最も人気です。

映像クリエイターの働き方の種類

映像クリエイターとして活躍する方法は、以下のようなタイプがあります。

さっそく映像クリエイターの働き方の種類を見て行きましょう!

映像制作会社でクリエイターとして働く

映像クリエイターになるための方法にひとつが、テレビ局が映像制作会社に入社して会社員といして働く方法です。

大手の映像制作会社であれば、大規模な企画に関わることも可能で、機材も最新のものを駆使できるので、映像クリエイターとして貴重な経験を積むことができます。

しかし、多忙になることが多く、中には昼夜を問わずに働きずめになることもあるようです。

フリーランスとして働く

映像クリエイターにはフリーランスとして活躍する人もいます。
しかし、仕事をもらうためには、ある程度の実績を積んでいることが求められ、その実績が映像制作会社などの目にとどまって仕事を依頼されることが多いようです。
なので、まずは映像制作会社などに入社して会社員として実績を積み、それから独立してフリーランスになるのが一般的です。

また、今では映像制作のスクールなどもあります。
映像制作のスクールは映像制作をメインに教えていますが、どのようにして仕事を取ってくるのかも教えてくれます。

→「Video Otakuの映像制作スクールはこちら」

法人の会社として映像制作事業を運営する

フリーランスでやっていく中で、ある程度事業基盤が固まってきたり、映像制作会社として大きく事業を育てて行きたい人は法人化するパターンもあります。

僕も初めは、映像制作のスクールで勉強しましたが、今では法人の会社として映像制作事業を運営しています。

Video Otakuと映像制作事業をしている運営会社はこちら

数ある選択肢の中でもハードルは高いのですが、その分社会的インパクトが大きい選択肢ともいえます。
しかし、こんな僕でも映像制作事業を立ち上げるくらいのレベルになったので大丈夫です。

パラレルワーカーとして本業+映像制作の仕事をする

メインである仕事を進めながら副業で映像制作の仕事をするパラレルワーカーとしてのパターンもこの頃はメジャーになってきています。

映像制作会社でもスキルアップさせながら、個人で知人の会社の動画を制作して報酬をもらう。
全く関係のない仕事をしながら、映像制作を学び、本業に映像制作スキルを活かすなどのパターンがあります。

本業と副業を両立するのは簡単ではありませんが、フリーランスと違って会社員ならではの福利厚生を受けながら、スキルアップや収入アップにつながる形態です。

ちなみに、Video Otakuの運営会社が事業のひとつとして行っている「映像制作スクール」にも、副業として映像制作をしている方はたくさんいます。

未経験から映像クリエイターを目指すには「独学」or「スクール」?

未経験から映像クリエイターを目指すには「独学」or「スクール」?

さまざまな魅力がある映像クリエイターの仕事ですが、未経験からいきなり映像会社に転職したり、フリーランスとして案件を獲得できるかと言われたら、そう簡単な仕事ではありません。

確かに未経験から求人を出している会社もあるかもしれませんが、そういった会社は「誰でもいいから人手が欲しい」という背景のあるブラック企業の可能性があります。

なので、まずはプロとして映像制作で稼げていけるレベルのスキルを身につけておく必要があります。

未経験の状態からスキルアップをするための方法は大きく分けて「独学」か「スクール」かの二択になります。

独学のメリット・デメリット

独学は、映像制作の教材とソフトを購入して、自ら計画を立てて勉強を進めていく方式です。

メリットとしては、スクールよりも費用が安く、自分のペースで進められるという点があります。

反対に、デメリットとして、自分を律してコツコツと勉強できる人じゃないと、仕事や学校の忙しさに負けて、途中で勉強をやめてしまう可能性があるという点です。
また、プロからフィードバックを受けて進めるわけではないので、独自のクセができてしまったり、非効率的な勉強方法となってしまう可能性があります。

スクールのメリット・デメリット

スクールはプロフェッショナルな考え方のカリキュラムのもと、講師やスクールの仲間と一緒に切磋琢磨して勉強できるのが大きなメリットです。
また、そのスクールならではのコネクションがあることで、卒業後の就職・転職支援などもおこなっていることが多いです。

デメリットとしては、通学しなければならないという点と費用がかかるという点があります。
オンラインスクールであれば、通学することなく好きなときに好きな場所で勉強できますし、費用的にも通学型よりも安価で済みます。
また、卒業後に転職や案件獲得につながれば元をとることができるので、本気で挑戦する人にはスクールをおすすめします。

→「Video Otakuの映像制作スクールはこちら」

映像制作スクールでスキルを磨くのがおすすめ!

未経験から映像クリエイターになることはできます。
学び方ですが、会社に就職することになると環境はいいかもしれませんが、最初の下積み時代がもったいないと思うので、最初は本業+映像クリエイターの勉強をするのがおすすめです!

独学で映像制作の勉強をしてしまうと、癖が出てしまうので映像制作のスクールで勉強する方がいいと思います!

タイトルとURLをコピーしました