独学で映像クリエイターになれるの?動画編集で稼ぐ方法と勉強方法を紹介!

独学で映像クリエイターになれる勉強方法! 映像クリエイター

独学で映像クリエイターになることはできる?
また、映像クリエイターになるために必要な資格や免許はあるの?

今回は独学で映像クリエイターになるための勉強法や資格などについてご紹介します!

独学で映像クリエイターになれるのか?

映像クリエイターになるのが難しいように思う方が多いと思いますが、独学で映像クリエイターになっている方もたくさんいます。
さっそく独学で映像クリエイターになるには何が必要なのかみていきましょう!

センスとテクニックで勝負

映像クリエイターには、特別に必要な資格や免許はありません。

映像系の資格や映像制作について学ぶことができる大学や専門学校は数多くありますが、この業界に置いては何より「良い作品を作れるかどうか」が問われます。

映像や音楽のセンス、編集テクニック、最新の機材を使いこなす知識などが備わっていれば、他のクリエイターには真似できないようなオリジナルの作品を生み出すことができ、独学であっても全く問題はありません。

しかし、映像制作専門の企業では、就職試験の際に資格や学歴の有無を参考にすることもあります。

自分の志望する企業がある人は、企業がどのような人材を求めているのか、採用に関する条件についてはしっかりチェックしておいた方が良いでしょう!

動画編集で稼ぐ方法と必要なもの

動画編集で稼ぐ方法と必要なもの

仕事にする前に知っておきたい内容と方法は以下の3つあります。

  1. 稼ぐ方法
  2. 最低限の準備
  3. スキルを磨いておく

映像制作で稼ぐ方法

まずはどういったクライアントとお仕事をするかです。

  • 依頼主と直接
  • 広告代理店経由
  • クラウドソーシング
  • SNS系インフルエンサーと直接

始めは、クラウドソーシング経由や、SNSのインフルエンサーを狙って仕事をするのがおすすめです。

最低限の準備

映像制作にはPCと編集ソフトが必要です。

そして編集ソフトは以下のいずれかです。

・Adobeの【After Effects】【Premiere Pro】
・Appleの【Final Cut Pro】

スキルを磨いておく

映像クリエイターになるには、以下のスキルが必要になります。

  1. 編集スキル
  2. 動画デザインのセンス

編集スキル

基本操作は毎日使っていればすぐになれます。
初歩的なことは全てインターネット上に無料でありますので、まずはブログやYouTubeなどを検索しましょう。

最初は面倒ですが、とにかく初心者向けの勉強しましょう。
なれてくれば、自分の作りたい映像のために必要なスキルを少しずつ探して勉強していくイメージです。

稼いでいくことを目的とするのなら、編集ソフトはAdobeの一択です!

動画デザインのセンス

アフターエフェクターを使った「モーション・グラフィックス」を作るのであれば、必然的にグラフィック・デザインのセンスは必要になります。

センスには必ず一定のルールがあり、まずは作品を知ることから始まり、共通点を見つけること。
センスを磨くには、とにかく「多くの作品に触れる」ことが重要になってきます。

独学で映像クリエイターになれる勉強方法

独学で映像クリエイターになれる勉強方法

独学で映像クリエイターになるには、どのような勉強方法があるのでしょうか?

ここでは、独学で映像クリエイターになれる勉強方法についてご紹介します!

過去の映像から学ぶ

独学で映像クリエイターを目指す場合、まず実力のある映像クリエイターがどのような作品を作っているのかを学ぶことが必要です。
過去の有名な作品を数多く視聴し、日本の映像クリエイターだけではなく、世界中に活躍している映像クリエイターの仕事を見ておくと良いと思います。

最近ではパソコン環境さえあれば、動画サイトや企業のホームページ、アーティストのミュージックビデオなど無料でさまざまな映像に触れることができます。
また、テレビのコマーシャルや映画のゲームのオープニング映像を見ることも勉強になります。

映像制作にチャレンジする

たくさんの映像を見て学んだ後は、自分で実際に作成してみることが大切です。
家庭用のビデオカカメラやパソコンの編集ソフトなど機材を用意して、「自分の作品」と思えるような映像を作ってみましょう!

学ぶ意欲さえあればいくらでも自分で勉強ができ、映像作成も手軽にできる時代なので、本人の頑張り次第では独学でも相当量の知識やセンスを身につけることが可能です。

映像制作について学ぶ方法

映像制作について学ぶ方法としては、YouTubeなどの動画投稿サイトを参考にする方法があります。

動画投稿サイトには、映像の作り方に関するものが多くありほとんどが無料で見ることができます。
動画で手順がわかるため、初心者には本を読むよりもわかりやすいと思います。
またSNSやHPなどで映像制作に関する情報を公開している人が多くいます。

映像制作について本格的に学びたい人は、映像制作に関するコミュニケーションやオンラインサロンに所属すると、共に学び切磋琢磨できる仲間ができ、レベルの高い情報を収集しやすいと思います。

独学で映像クリエイターになるには

ただ作品を作って満足しているだけでは映像クリエイターになることはできません。
自信を持って発表できる作品ができたら、積極的に多くの人が閲覧できる動画サイトに投稿したりしましょう。
今では、誰でも簡単にYouTubeなどにもあげることができます。

独学で映像クリエイターを目指す場合は、とにかく積極的に自分から働いていくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました