5G時代到来で動画ビジネスはどう変わる?5G時代の動画マーケティング・動画広告も徹底解説!

5G時代到来で動画ビジネスはどう変わる?5G時代の動画マーケティング・動画広告も徹底解説! 動画マーケティング

近年5G時代の到来で「動画」の需要はどんどん期待されていますが、
いったいどんなことができるようになるのでしょうか?

そこで今回は、5G時代到来で動画ビジネス・動画マーケティング・動画広告の変化についてご紹介します。
5Gの特徴などを踏まえ、動画ビジネスや動画マーケティングに活かしましょう!

5Gとは?

5Gとは、『5th Generation』の略称であり、日本語での正式名称は『第五世代移動通信システム』になります。
現時点では、世界中で広く普及している4G(4th Generation)の次にあたる新たな通信システムです。

ここでは、5Gが持つ3つの特徴などについてご紹介します。

5Gが持つ「3つの特徴」

世界中で大きな注目を集めている『5G』ですが、一体5Gの何がすごいのでしょうか?
まずは、5Gの持つ「3つの特徴」についてご紹介していきます。

① 超高速・大容量

5Gの中でも最も大きな特徴は『超高速』という点です。
4Gの通信速度は最大で1Gbpsでしたが、5Gでは最大10〜20Gbpsになると言われています。

速度の例えとしては、「2時間の動画を約3秒でダウンロードできる」と言われています。

速度だけ早くて容量が少ないと意味がないですが、5Gは『大容量』であることも一つの特徴です。
大きなデータ量を一瞬で届けることができるので、スポーツ感染やライブ観戦などのリアルタイムでの動画視聴はもちろん、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)を用いたゲームなど、『通信量の大きいリッチコンテンツ』なども気軽に楽しむことができます。

② 超低遅延

5Gの2つ目の特徴は『超低遅延』という点です。
5Gでは通信における遅延、または「タイムラグ」を極めて小さく抑えられます。

この「超低遅延」という特徴は、車の「自動運転」や、ロボットによる「「遠隔医療」など、高い安全性が求められる際に必要な技術となっています。

③ 多数同時接続

5Gの3つ目の特徴は「多数同時接続」という点です。
1平方kmあたり100万台と、大量の端末との接続が可能になります。

家電や車など、いろんなモノがインターネットにつながる『IoT』の観点から、多数同時接続』は重要な要素になっています。

5G×動画ビジネス×マーケティング

通常のものからリッチなコンテンツまで気軽に視聴できるようになることで、人々が動画に接する機会が今以上に増える「5G時代」。

5Gで「動画ビジネス」と「動画マーケティング」はどのように変わっていくのでしょうか。
さっそく見ていきましょう!

動画マーケティング|『運用する』という考え

5G時代では、視聴環境が整うことにより、いろんなマーケティング活動において「動画活用の機会」が増えます。

動画活用が当たり前になると、動画コンテンツは飽和状態になるので、「とりあえず動画にすれば効果が出る」といった、媒体そのものの優位性には期待できなくなります。

なので、「とりあえず」ではなく「狙って」効果の出る動画施策を目指す必要があり、今後は動画を「効果計測し、改善する」能力が求められると思います。

5G時代に動画施策を行うマーケティングチームや制作会社には、動画を「作って終わり」だけでなく、Webサイトのように「運用する」という考えが必要になります。

「リッチ動画」の増加

通信の高速化・大容量によって、ユーザーは手軽にリッチ動画を視聴できるようになります。
なので、通常動画の活用と合わせて、リッチ動画の活用も間違いなく増えると思います。

特に動画コンテンツで溢れる5G時代には、「4K・8K(超高画質)」「AR・VR、360°動画(高い没入感)」「インタラクティブ動画(ユニークな仕掛け)」などを用いた新しい視聴体験が求められます。

リッチ動画の活用が当たり前となる5G時代では、このような動画の制作・運用経験のある企業が重宝されることになりそうです。

ライブ配信に特化した「個人」

5G通信により、極めて「リアル」に近いライブ配信が可能になります。

なので、ライブ配信を用いた「ダイレクト課金」「ライブコマース」が盛んになり、ライブ配信を通じて稼ぐ「個人(ライバー)」は今以上に増えるでしょう。

中国ではすでに盛り上がりを見せている「ライブ配信業」ですが、日本国内でも5Gの普及を契機に、規模の拡大が予想されます。

企業・個人

SNSでの発信を「写真ベース」にしたInstagramの普及により、スマホで撮った写真を加工する人が急増しました。
今や簡単な「コラージュ」「レタッチ」などの写真加工は、スマホを用いても誰でもできるようになりました。

5G時代では発信が「動画ベース」になるため、スマホで撮影した動画を編集する人が増え、若年層を中心とした多くの方が「動画編集アプリ」をスマホに入れることになると思います。

すでに多くの「動画編集アプリ」がリリースされていますが、その中でも一番有名なのは『Adobe』の『Premiere Pro』です!

静止画に違和感!?動画広告の変化

5G時代の到来により、今後も動画広告市場は急成長していくことが期待できます。

5G時代の到来は、よりクリエイティブな動画広告の制作の追い風となっており、
動画広告市場の成長はより加速することが予想されます。

5G時代の動画広告PDCAは?

動画広告は他の広告に比べ、制作費や運用費が割高なことや、制作期間が長いこともあり、PDCAサイクルが回しにくしという欠点があります。

しかし、5G時代には情報がより高速化することから、広告の制作や運用には更なるスピード感が必要です。
なので、5G時代ではいかに短納期・低コストで絶え間なく動画を制作し、効果測定を繰り返すかが重要になってきます。

結果、今まで以上に動画制作相場の理解や動画マーケティングの知識が必要になってくると思います。

広告予算に動画にシフト

5G時代では、今まで以上に情報過多な時代になることが予想されます。

たくさんの情報に埋もれないように、広告のインパクトやインプレッションが重要になってくるので、静止画や文章による広告に予算をかけるより、動画広告に予算をかけた方が効果的である可能性が高いです。

しかし、動画の制作に費用をかけすぎて、運用費用が満足に確保できなくなってしまっては本末転倒なので、広告のターゲッティング設定を綿密に行った上で、いかにコストで動画を制作するかが重要になってきます。

5G時代到来の動画ビジネスを

5G時代到来で動画ビジネス・動画マーケティング・動画広告の変化についてご紹介しましたがどうでしたか?

5Gのサービスが開始されることで、動画はより身近なものとなり、専業での活用も当たり前のものとなることが予想されます。
特に動画広告については、低コスト・短納期で動画を量産し、PDCAを回すことが重要になると思います。

映像クリエイターや動画ビジネスの仕事をしている方は、これからくる5G時代に合わせたマーケティングを考えておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました