自分のニーズに合ったビデオカメラの選び方を紹介!その機能は本当に必要なのか?

自分のニーズに合ったビデオカメラの選び方を紹介!その機能は本当に必要なのか? カメラ

近年ではスマートフォンさえあれば動画を撮影することができましたが、やはり映像をきれいに残したいと思うなら、動画を撮ることを目的としたビデオカメラで撮影することが一番いいです!

今回は撮影が好きな人のための、ビデオカメラの選び方についてご紹介します。
自分が撮影したい映像に最適のビデオカメラを選びましょう!

自分のニーズに合ったビデオカメラの選び方は?

自分のニーズに合ったビデオカメラの選び方は?

ビデオカメラといっても、値段やサイズ、機能などによっていろんな種類のカメラが存在します。
ここでは、ビデオカメラを選ぶ時に、注目すべきポイントについてご紹介します!

自分が撮影したい映像に最適のビデオカメラを選びましょう!

① 画質 4K画質は必要なのか?

ビデオカメラを選ぶときにまずは、画質に注目しましょう。
最近のビデオカメラでは、ほとんど全てハイビジョン以上で画質で撮ることが可能です。
そして、近年では4K画質で撮影することができるビデオカメラも見かけるようになりました。

しかし、4K画質でとった動画は、4K映像を見ることができるモニターでしか、4Kのいい機能を発揮できないし、データ容量も大きくなります。
自分の動画を見る環境なども考えて、4Kまでの高画質なビデオカメラが必要なのか考えて選ぶといいでしょう!

② 手振れ補正 三脚などを使う方が多い?

手でカメラを持って動画を撮影するときに必ず注意しておきたいのが手振れ補正です。
最近、販売されているビデオカメラはのほとんど全てに手振れ補正機能が搭載されていますが、メーカーや型によって性能は変わってきます。

なので、撮影する時の環境が手振れに強い方が撮りやすいのか、三脚などで固定ぢて撮影することが多いのかなどによって選びましょう!

③ ズーム倍率 ズームを使うことは多い?

どんな映像を撮影したいかは人それぞれだと思いますが、その撮影した映像によっては、ズーム倍率も重要になってきます。
ビデオカメラのズーム機能は、一眼レフのズームレンズみたいに、レンズの位置を動かして倍率を変更する「光学ズーム」とデジタル処理によって画像を拡大する「電子式ズーム」があります。

電子式ズームは拡大すると画質が荒くなるので、電子式の倍率より、光学ズームの倍率の高さに注目した選びましょう!

例えば、運動会でお子様の顔を大きく写したいなど、ズーム機能を使う機会が多いのであれば、ズーム倍率の高いものを選ぶのがいいです!

④ 内臓メモリ

カメラの本体に記録することができる動画の量は、内臓メモリの大きさによって違います。
しかし、ほとんどのカメラが内臓メモリ以外に、外部メモリを挿入することがd系るので、外部メモリを使うことを考えらば、内臓メモリの大きさは気にする必要はないかもしれません。

ただ、撮影しよう!と思った時に、外部メモリがいっぱいになっていたりすると、内臓メモリの要領が大きい方が安心です。

⑤ ユニークなビデオカメラで遊ぼう

一般的にハンディカムと呼ばれる家庭用ビデオカメラの他に、近年ではユニークなビデオカメラも販売されています。
手振れに強く、広角で臨場感溢れる映像を撮影することができるアクションカメラ(GoPro)や、上下左右360度の映像を同時に撮影することができるカメラ、ドローン、なども他とは違った映像を撮影するのに人気のビデオカメラです。

普通のビデオカメラじゃ物足りないと思う方は、こういったユニークなカメラで遊んでみてください!

ビデオカメラと同時購入した方がいいもの

ビデオカメラと同時購入した方がいいもの

ビデオカメラを買う人によって異なりますが、音声メインで動画撮影している人にはカメラと一緒に買った方がいいですよね。
ここではビデオカメラと同時購入した方がいいものをご紹介します。

三脚 おくだけで便利!

最近、販売されているビデオカメラは手振れ補正の機能がとても優秀ですが、それでもビデオカメラを手で支えて撮影するのは大変ですよね。
子供の運動会やお遊戯会の撮影など、長時間ビデオカメラを構えて撮影をする必要がある時には、三脚も一緒に使うと便利です!

また、自分を撮影したい時に一人だとできないので、三脚があると便利です。

マイク 風の音などの雑音が気になる方に!

最近のビデオカメラには録音マイクが内臓されていますが、内臓マイクの機能はあまり高くないです。
特に野外で撮影する時には、風などの雑音が入ってしまったり、喋っている映像なのに他の音で聞き取れなくなってしまったりするので、それを防ぐためめにもマイクがあると便利です。

自分のニーズに合ったビデオカメラで楽しもう!

ビデオカメラと言っても、いろんなメーカーから、いろんな種類のビデオカメラが販売されています。
4Kのような高画質が撮れるものから、GoProのようなアクティブな場面に特化したユニークなものまで、たくさんあります。

なので最適な選び方は、自分が撮影したい動画・映像によって決めることです。
手振れが目立つのなら、手振れ補正に特化したビデオカメラを選んだり、音が気になるならマイクをつけたりして、自分に最適のビデオカメラで、楽しい動画ライフを送りましょう!

タイトルとURLをコピーしました