Photoshopで画像を切り抜く(トリミング)2つの方法と保存方法!

Photoshopで画像を切り抜く(トリミング)2つの方法と保存方法 Photoshop

Photoshopで仕事や作業をしていて、この写真はもっと違う形で切り抜きたい!と思ったことはありませんか?

今回はPhotoshopでできる簡単な切り抜き(トリミング)の2つの方法と保存方法についてご紹介します。

Photoshopで切り抜き(トリミング)を行うには、2つの方法があります。
どちらもよく使う方法なので、ぜひ覚えて使ってください!

Photoshopで画像を切り抜く(トリミング)方法①

以下の画像のようにある程度コントラストがはっきりしているものは、自動選択ツールを使用するとすぐの切り抜きを行うことができます。

画像が背景レイヤーの場合はレイヤーを右クリックし、「背景からレイヤー」を選択します。

次に左メニューから選択ツールのアイコンを右クリックし、「自動選択ツール」を選択します。

画像の内の切り抜きたい部分以外の箇所でクリックします。
(切り抜く対象の方が単色で選びやすい場合はそちらをクリックし、上のメニューの「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選びます。)

選択範囲が作成されたら上のメニューの「編集」から「消去」を選択します。

切り抜く対象以外の部分が透明化の状態になったら完成です!

レイヤーマスクの利用

レイヤーマスクを追加し、そこで切り抜き作業を行うことで元画像の情報を保持したまま切り抜くことができます。
これは他の切り抜き方法においても共通です。

Photoshopで画像を切り抜く(トリミング)方法②

周辺とのコントラストがはっきりしていない場合や自由な形の切り抜きを行う場合は、ペンツールを使用した方法が有効です。

先ほどと同様に画像が背景レイヤーの場合はレイヤーを右クリックし、「背景からレイヤー」を選択します。

ペンツールのアイコンnを右クリックし、「ペンツール」を選択します。

画面左上の「ツールモードを選択」から「パス」を選択します。

切り抜きの対象に沿ってクリックし、アンカーポイントを追加していきます。
このとき、対象の少し内側を選択していくときれいに切り抜くことができます。

対象をパスで囲むと、以下の画像のように青く光ります。

次に右下のレイヤーがヒョおうじされているメニューから「パス」のタブを選択します。
(「パス」のタブが表示されていない場合は、上のメニューの「ウィンドウ」から「パス」を選択します)

下の「パスを選択範囲として読み込む」アイコンをクリックします。

対象に沿って選択範囲が制作されました。

上のメニューの「選択範囲」から「選択範囲の反転」をクリックします。

上のメニューの「編集」から「消去」を選択します。

これで完成です!

Photoshopで切り抜いた(トリミング)画像を保存する方法

上記で作ったクリッピングマスクの画像を、このまま保存したい場所の保存方法についてご紹介します。

『ファイル>書き出し>WEB用に保存』を選択します。

 

背景を透明化させたい場合は、PNG-8で透明部分にチェックを入れます。

以上で保存すると背景が透明化した画像が出てきて完成です!

また、Illustratorでもトリミングする方法はありますが、フォトショップの方がきれいにトリミングできます。

Photoshopで画像編集を楽しもう!

Photoshopで画像を切り抜く(トリミング)2つの方法と保存方法についてご紹介しましたが、どうでしたか?

Photoshopではトリミング以外にも、まだまだいろんなことができるので、いろんな画像編集を試してみてください。

また、フォトショップよりは画像が荒くなる可能性がありますが、Illustratorでもトリミングすることはできるので、ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました