Photoshopで簡単に写真を渋い雰囲気にする方法!レタッチ(加工)編

Photoshop

写真ひとつにしても加工するかしないかで、全然かっこよさが違いますよね。
簡単な写真編集でかっこいい写真を作れるなら、やってみたいですよね。

そこで今回は、Photoshopを使って写真を簡単に映像風にレタッチ(加工)する方法をご紹介します。
Photoshop初心者もできる簡単な方法なのでぜひお試ししましょう!

完成のイメージと準備する写真

今回のPhotoshopの写真編集の完成のイメージは以下のようになります。

完成イメージ
完成イメージ

準備する写真

まず映画風にレタッチする写真を選びましょう。
今回は、このイケメンのお兄さんをさらにダンディーにしてみたいと思います。
風景写真なども同じ手順で映画風に変えることができます。

今回、使用する写真くらいか、それよりも大きく写ったような写真の方が、より本格的な映画っぽく見えるかと思います。

1. 映画風にする写真を開く

加工する写真を開く

まず、加工する写真を開きましょう。
人の顔が写っている写真だと、より映像感を出しやすくなります。

2. フィルター効果でさらに立体感のある写真に

まずはじめに写真の人やモノにさらに立体感とすかみを加える加工をしていきましょう。

2による写真の変化

2-1. レイヤーパネルを開く

レイヤーパネルを画面右側に開きましょう。
レイヤーパネルが見当たらない場合は、画面1番上のメニューで『ウィンドウ』➡︎『レイヤー』をクリックしましょう。

2-2. 加工する写真レイヤーを複製

ここでは加工する写真レイヤーを複製します。
複製する方法は、レイヤーを右クリックして『レイヤーを複製』をクリックするだけです。

2-3. 『ハイパス』を選択しフィルター効果をかける

次に複製したレイヤーに『ハイパス』というフィルター効果をかけます。
メニューバーの『フィルター』➡︎『その他』➡︎『ハイパス』をクリックしましょう。

2-4. 輪郭が見える程度に設定する

ハイパスをクリックすると、設定ウィンドウが表示されます。
ハイパスの半径のつまみを「写真の色味が一部見えるくらい」の位置に動かしましょう。

以下の写真のように、輪郭が見える程度にしましょう。
つまみを動かしたらOKをクリックしましょう。

2-5. 『通常』から『オーバーレイ』に

レイヤーパネルで、ハイパスをかけた複製レイヤーを選択し、画面右下のレイヤーパネルのところを『通常』から『オーバーレイ』に変えます。
これで写真が映画風になったと思います。

3. トーンカーブで写真にメリハリをつける

次にトーンカーブを調整して、写真に濃淡をはっきりさせていきたいと思います。
下の写真の変化では、あまり差が少ないように思うかもしれませんが、写真加工は小さな積み重ねが重要になってきます。

3による写真の変化

3-1. 『トーンカーブ』をかけて明るくする

Photoshopでは様々なところからトーンカーブなどの色調補正がかけられますが、今回はパネルメニューから行ってみます。
パネル下部の『調整レイヤーを新規作成』をクリックすると色調補正のメニューが表示されるので、『トーンカーブ』をクリックしましょう。

ちなみに、『トーンカーブ』とは画像の明るさやコントラストを細かく調整できる色調補正の機能のことです。

3-2. 『トーンカーブ』を細かく調整する

トーンカーブをクリックすると、レイヤーパネルのどこかにトーンカーブを調整するために『属性』パネルが表示されます。
下のグラフのような表示の線を動かすことで、写真の画像の明るさやコントラストを細かく調整することができます。

下の写真のグラフのように、左から1/3くらいのところをドラッグして下に下げて、右から1/3くらいのところをドラッグして上に上げましょう。
そうすることで濃淡がはっきりとして、よりメリハリのある写真になります。

4. 写真の彩度を調整して渋だす

写真の彩度を低くすることでより渋くて映画のような雰囲気を醸し出すことができます。

4による写真の変化

4-1. 写真の彩度を下げる

さっきと同じようにパネル下部の『調整レイヤーを新規作成』をクリックします。
そして今度は『色相・彩度』をクリックしましょう。

4-2. 彩度を調整しよう!

下の画像のような色相や彩度を調整する属性パネルが表示されると思います。
この中の彩度のつまみを左に動かしましょう。

自分がしっくりくる程度に動かせば良いでしょう。
これにより写真に落ち着き・渋さのようなものができると思います。

5. レベル補正で写真を渋くしよう

写真の色味のうち赤を少し弱めると、より映画らしい雰囲気を醸し出すことができるので、ここではそのやり方についてご紹介します。

5による写真の変化

5-1. レベル補正でいい感じに仕上げる

さっきと同じようにパネル下部の『調整レイヤーを新規作成』➡︎『レベル補正』をクリックしましょう。

そうすることで属性パネルにレベル補正の調整画面が表示されます。
まず『RBG』と表示されている部分をクリックして『レッド』に変えましょう。
これにより写真の赤系の色味の強弱を調整できるようになります。

その次に真ん中のつまみを少し右に動かしましょう。

どのくらいつまみを動かすのかは写真によっって変わってくるので、写真をみながら「ちょうどこのくらい渋い雰囲気がいい感じかな」というポイントを見つけましょう。
これにより写真がやや緑ががって怪しげな雰囲気になると思います。

6. シャドウとハイライトを調整して完成!

とうとう最後の手順です。
写真のシャドウとハイライトをうまく調整すると、より現実離れしたような映画らしいファンタジー感を出すことができます。

6による写真の変化

6-1. シャドウ・ハイライトを調整

シャドウとハイライトは元に直接かけていきます。
なので、レイヤーパネルで1番下にある写真のレイヤーをクリックして選択しましょう。

次に、メニューバーの『イメージ』➡︎『色調補正』➡︎『シャドウ・ハイライト』をクリックします。

そうするとシャドウとハイライトの設定ウィンドウが表示されるので、それぞれのつまみを動かしましょう。
写真によってベストなつまみの位置は変わるので、何回か動いてみて最適なポイントを探しましょう。

完成!写真が渋い雰囲気になった!

Photoshopで簡単に写真を渋い雰囲気にする方法についてご紹介しましたがどうでしたか?

写真に立体感を出したり、メリハリをつけたり、彩度を調整したりと、少しやる作業は多かったかもしれませんが、写真加工は細かい作業をこなすことで、より質のいい写真に仕上がります!

タイトルとURLをコピーしました