Illustratorで画像を切り抜く(トリミング)2つの方法と保存方法!

Illustratorで画像を切り抜く(トリミング)2つの方法と保存方法! Illustrator

Illustratorで仕事や作業をしていて、この写真はもっと違う形で切り抜きたい!と思ったことはありませんか?

今回はIllustratorでできる簡単な切り抜き(トリミング)の2つの方法と保存方法についてご紹介します。

Illustratorで切り抜き(トリミング)を行うには、2つの方法があります。
どちらもよく使う方法なので、ぜひ覚えて使ってください!

Illustratorで画像を切り抜く(トリミング)方法①

Illustratorを使って切り抜き(トリミング)方法についてご紹介します。
ただ、残念ながら正確にはIllustratorにトリミング機能はありません。
しかし、Illustratorのクリッピングマスクという機能を使えば、トリミングのようなことができます。

まずはじめに画像を配置します。
埋め込むと以下の画像のように、画像の選択戦が斜めに入っていたのが消えます。

次に、オブジェクトツールから長方形ツールを選択します。

そしてShiftキーを押したまま長方形を作成すると正方形になります。

今回はわかりやすいように、白く塗りつぶしていますが、このオブジェクトの色は仕上がりに反映しません。

次に画像をオブジェクトの両方を選択します。

『オブジェクト>クリッピングマスク>作成』を選択します。(ショートカットキー⌘7)

これでIllustratorで画像を切り抜く(トリミング)方法①が完了です!

このクリッピングマスクを解除したい場合は、『オブジェクト>クリッピング>解除』を選択すると…

このように解除されます。
解除された後は、画像とオブジェクトに戻ります。

Illustratorで画像を切り抜く(トリミング)方法②

次に、Illustratorで画像の一部分のみの切り抜き(トリミング)をする方法についてご紹介します。

※画像の一部のみの切り抜き(トリミング)をする場合は、IllustratorよりもPhotoshopの方が綺麗に細かく切り抜けるので、Photoshopの方がおすすめです。

ここでは、以下の画像のワンちゃんの部分だけを切り抜きます。

ペンツールか鉛筆ツールで、ワンちゃんを緑取りします。

上記のように上手く緑取りをしたら、オブジェクトとして、閉じてあるかを確認します。
(始点と終点が合わされば、オブジェクトになります。)

オブジェクトになっているのを確認し、画像と両方を選択します。

『オブジェクト>クリピングマスク>制作』を選択します。

これで、Illustratorで画像を切り抜く(トリミング)方法②が完成です!

Illustratorで切り抜いた(トリミング)画像を保存する方法

上記で作ったクリッピングマスクの画像を、このまま保存したい場所の保存方法についてご紹介します。

オブジェクトを選択し、『オブジェクト>アートボード>選択オブジェクトに合わせる』を選択します。

上記の画像のようにアートボートがオブジェクトに合わせられます。

次に書き出しします。

『ファイル>書き出し>WEB用に保存』を選択します。

以下のような画像が出てきたら、PNGかJPEGかなどを選びましょう。

背景を透明化させたい場合は、PNG-8で透明部分にチャックを入れます。

以上で保存すると背景が透明化した画像ができます。

かわいいですねw

Illustratorでいろんな編集をして遊ぼう!

Illustratorで画像を切り抜く(トリミング)2つの方法や保存方法についてご紹介しましたが、どうでしたか?

Illustratorを使い始めの初心者の方は難しく感じるかもしれませんが、いろんなことができるようになると、とても面白いのでいろんな画像編集で遊んでみましょう!

また、細かいトリミングはIllustratorよりもPhotoshopの方が綺麗に細かく切り抜けるのでおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました