Illustratorの基礎|整列パネルでオブジェクトを均等に配置する方法!

Illustratorの基礎|整列パネルでオブジェクトを均等に配置する方法! Illustrator

対象物(オブジェクト)を等間隔に揃えたい、画面の中心に持っていきたいなどのようなことを思ったことはありませんか?

そのようなことをワンクリックで叶えてくれるのが『整列パネル』です。

そして、『整列パネル』を使いこなせていない方が多いです。
『整列パネル』を使いこなすことで、制作の完成度も速度も大きく差がつきます!

さっそく『整列パネル』の基本的な機能についてみていきましょう!

整列パネルの基本的な機能を把握しよう!

まずは、『ウィンドウ』>『整列』でパネルを表示しましょう。

① 水平方向左に整列

『水平方向左に整列』は、オブジェクトが左側に合わせて整列されます。

② 水平方向中央に整列

『水平方向中央に整列』は、オブジェクトが中央に合わせて整列されます。

③ 水平方向右に整列

『水平方向右に整列』は、オブジェクトが右側に合わせて整列されます。

④ 垂直方向上に整列

『垂直方向上に整列』は、オブジェクトが上端に合わせて整列されます。

⑤ 垂直方向中央に整列

『垂直方向中央に整列』は、オブジェクトが中央に合わせて整列されます。

⑥ 垂直方向下に整列

『垂直方向下に整列』は、オブジェクトが下端に合わせて整列されます。

⑦ 垂直方向上に分布

『垂直方向上に分布』は、上に合わせて均等にオブジェクトを整列できます。

⑧ 垂直方向中央に分布

『垂直方向中央に分布』は、中央に合わせて均等にオブジェクトを整列できます。
(見た目は⑦と変わらない)

⑨ 垂直方向下に分布

『垂直方向下に分布』は、下に合わせて均等にオブジェクトを整列できます。
(見た目は⑦と変わらない)

⑩ 水平方向左に分布

『水平方向左に分布』は、オブジェクトを左端に合わせて等間隔に整列できます。

⑪ 水平方向中央に分布

『水平方向中央に分布』は、オブジェクトを中央に合わせて等間隔に整列できます。

⑫ 水平方向右に分布

『水平方向右に分布』は、オブジェクトを右端に合わせて等間隔に整列できます。

オプション機能

整列パネルの右上にあるボタンを押して、『オプションを表示』をクリックすると、整列オプション画面が出てきます。

このように整列オプション画面が出てきます。

『整列オプション』では、数値を設定することで、任意で均等に配置できるようになります。

均等に整列させたい場合

以下のようにオブジェクトを均一に揃えて、上下の配置も均等にさせたい場合は整列と分布の2つを上手に使うと完成します!

画面中心に整列させたい場合

画面(アートボード)の中心に整列させたい場合は、オプション機能の右下の『アートボードに整列』を選択し、整列を行っていきます。

何も使わずに整列ししようとすると、画面中心からずれた整列になってしまいます。
しかし、『アートボードに整列』や『キーオブジェクトに整列』を使うと、綺麗に整列できます!

⬇︎

『整列パネル』を使いこなそう!

デザイナーやクリエイターは目で見た感覚的なものだけでなく、きちんと数値で配置をしていかなければいけません。
数値で整列、分布した場合は必ず誰が見ても綺麗に見えるので、サボらないようにしましょう。

整列パネルはよく使う場面が多いので、マスターしましょう!

また、Illustratorには『整列パネル』よりも使う『パスファインダー』というものがあります。
『パスファインダー』もよく使うので両方使いこなしましょう!

タイトルとURLをコピーしました