illustratorの基礎|パスファインダーでオブジェクトを自由自在に!

Illustrator

illustratorの基礎中の基礎と言っても過言ではない操作がパスファインダーです。
対象物(オブジェクト)を合体させたり、分割したり、切り抜きなどができる超必須ツールなので、必ず使いこなせるようにしておきましょう。

そこで、今回はIllustratorでできるパスファインダーに使い方についてご紹介します!
誰でもできるように分かりやすく解説しているので、ぜひ試してみてください。

合体|オブジェクトを合体させる

ここではオブジェクトを合体させる方法についてご紹介します!
イラスト作る時に欠かせませんが、簡単なので覚えてしまいましょう。

① 楕円形ツールで丸を作る

まずはじめに左メニューバーにある楕円形ツールを選択します。

そして下画像の右側のように4つの丸を重ねます

② パスファインダーパネルを表示

次に画面上メニューバーの『ウィンドウ』から『パスファインダー』を選択します。

③ オブジェクトを全選択し、『合体』をクリック

4つの丸を全て選択し、パスファインダーの形状モードの一番左を選択します。

④ 4つの丸が合体した!

上記の手順で操作すると、4つの丸が合体しました。
丸じゃなくてもできるので、自分の好きな形で試してみてください!

型抜き|オブジェクトを切り抜く

重なったオブジェクトで切り抜きすることが簡単にできます。

オブジェクトを選択して、『前面のオブジェクトで型抜き』をクリックしましょう。

簡単!型抜き完成!

下の画像のように型抜きされました。

【型抜き応用編】オブジェクトを切り抜く

また、さらに複数のオブジェクトでも型抜きをすることができます。
応用編でも誰でも簡単にできます。

交差|重なったオブジェクト部分のみを残す

オブジェクトを選択して「交差」をクリックします。

 

交差した部分のみを残す

交差した部分のみを残すことができました

また応用すると、少し複雑な形状を作ることが可能になるので、試してみてください。

中マド|複数の重なった部分を消す

次に『中マド』と呼ばれるものを使っていきます。
『中マド』はオブジェクト同士が重なった部分を消すことができます。

① 円が複数に重なったものを用意しよう!

『中マド』は複数のオブジェクトを選択することができます。
まずは、下の画像のような円が複数重なったものを用意しましょう。

② 青と赤のカラーを不透明度70%に

分かりやすいように青と赤のカラーを不透明70%にして透かして表示しましょう。

③『中マド』をクリックし、重なった部分を消す

これらを選択して『中マド』をクリックすると重なり合った部分が消えます。

④ 重なった部分が消えた!

色がピンクになっているのは、不透明度を70%にした前面のオブジェクトがピンクだからです。
赤に戻したいなら、不透明度を100%に戻すと元の赤色に戻ります。

分割|オブジェクトの色を自由自在に

分割ツールを使うことで、オブジェクトの色をランダムに変更することができます。

① 丸ひとつを用意する

まずは下の画像のような円をひとつ用意しましょう!

②『線ツール』を使ってオブジェクトに線を加える

左のメニューバーにある『線ツール』を選択し、オブジェクトに線を加えましょう。

③『分割』をクリック→オブジェクトが分割

次に全体を選択して『分割』をクリックすると、オブジェクトが分割されます。

④『ダイレクト選択ツール』を選択

『ダイレクト選択ツール』でオブジェクトの一部を選択して色を変えることができます。
まずは、左のメニューバーにある『ダイレクト選択ツール』を選択しましょう。

⑤ 自分の好みの色に変えよう!

『ダイレクト選択ツール』で一個ずつ選択し、自分の好きな色に買えていきましょう!

刈り込み|オブジェクトを刈り込む

ここでは、『刈り込み』を使ってオブジェクトで刈り込みを入れていきます

まずは、下の画像のようなオブジェクトを用意しましょう。
そして、これらを全て選択して『刈り込み』をクリックします。

オブジェクトに刈り込みが入っているかを確認

ダイレクト選択ツールで、オブジェクトを選択してオブジェクトを移動させると、刈り込みが入っているのが確認できます。

合流|同じ色同士で合流

刈り込み』と『合流』はほぼ同じような機能ですが、違うポイントがひとつあります。

『合流』は同じ色同士のオブジェクトのみ合体され、ひとつのオブジェクトになる特徴があります。
マイナーな機能なのであまり使う場面はありませんが紹介していきます。

オブジェクトを用意して『合流』をクリック

下の画像のような同じ色があるオブジェクトと異なる色のオブジェクトが重なっているオブジェクトを用意しましょう。

これらを全て選択してから『合流』をクリックしましょう。

同じ色同士で『合流』できた!

同じカラーのオブジェクトのみ合体され、異なるカラーだけは刈り込みされました。

パスファインダーを使いこなそう!

illustratorの基礎中の基礎と言っても過言ではない操作のパスファインダーの解説をしましたが、どうせしたか?

はじめは慣れていないので、少し難しく感じた方もいるかもしれませんが、何回かすることでとても簡単になります。

またパスファインダーは、対象物(オブジェクト)を合体させたり、分割したり、切り抜きなどができる超必須ツールなので、必ず使いこなせるようにしておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました