Illustrator初心者でも簡単!人物をイラスト化しておしゃれに!

Illustrator

「Illustratorで人の絵を描きたい!」と思った時、絵を描いた経験が少ない方にとっては、上手にイラストを描くことは中々ハードルが高いかもしれません。

しかし、モデルとなる人の画像とIllustratorがあれば、誰でも簡単に人物をイラスト化することができます!

そこで今回は、Illustrator初心者でも簡単に人物をイラスト化できるように細かくご紹介していきます。
一緒に人物をイラスト化しておしゃれにしましょう!

誰でも簡単にイラストを描ける

まずはじめにモデルとなる人の画像を選びましょう。
できるだけ正面のものを選ぶとやりやすいですよ。

完成イメージ

ペンツールで顔の輪郭を描く

まずはモデルの顔の輪郭を描いていきます。
輪郭はできるだけしっかり描きましょう。

パスを引いたことがない人はパスの引き方の練習をしましょう。
慣れればとても簡単に線を引くことができるようになります。

全体をなぞっていく|なぞる時のポイント

顔の輪郭を描いたら、次は全体的になぞっていきましょう。

また、鼻や口、髪の毛などはあまり描きすぎない方が上手に仕上がります!
下の画像ではそこそこなぞっていますが、もっとイラストっぽく描いてしまっても大丈夫です。

下まぶたの線は印象が悪くなるので消す

目の輪郭も描きますが、角膜の部分は大抵まぶたとまぶたに挟まれて全てが見えない状態になっている方が多いので、パスファインダを使ってまぶたとまぶたの線を分割します。

分割するとまぶたの線がなくなってしまうので、分割する前にコピーしておくと良いでしょう。

まつ毛をつけてイラスト風に

次にまつ毛を作っていきます。
三角形の形にパスをとって、カーブが付けられるとよりまつ毛らしさが出て良い感じになります。

一個、綺麗なまつ毛ができたら、それを上まぶた線に合わせてコピー&ペーストしていきます。

目の色を塗る|反対の目も同じように

次は角膜と瞳孔に色を塗りましょう。

今回はわかりやすいように水色にしていますが、茶色などにしておくと良いでしょう。

片方の目の色を塗ったら、目を反転させて反対側に配置していきます。
パスでもう一度描いても良いですが、反転でも見た目としては全く問題がないので反転して作業の効率化を図りましょう。

『回転ツール』でも『リフレクトツール』のどちらでもできるので、試してみてください!

ここで注意してほしいことがあります!

反転をした場合、目の瞳孔や光の反射部分なども反転しているので、このままにしておくと違和感があります。
なので、左右同じ方向になるように訂正しましょう!

だいたいの線画が完成!

後ろの画像を抜いてみると、こんな感じになりました!

線画はこれで完成です。
これだけでもイラスとしては充分ですが、ここから色も塗っていきましょう。

 

Illustratorなら、色を塗るのも簡単で自由自在

色はブラシでも、鉛筆ツールで塗っても、どっちでも良いです。
自分の塗りやすい方を選びましょう!

今回は鉛筆ツールで適当になぞって囲んで、そこに色を着色していきます。
だいたいでいいので塗りたい場所を囲って塗っていきましょう!

眉毛は少し薄く、とりあえずわかりやすいようにピンクの薄い色で着色しました。

顔の輪郭を鉛筆ツールでざっくり囲み色をつけていきます。

着色したら色をつけたパスを再背面に移動させます。
『オブジェクト』>『重ね順』>『再背景へ』を選択します。

 

唇の色も塗っていく

唇は肌色にピンクを多めにした感じです。

こちらも着色をしたら後ろへ配置します。
顔よりも一枚上に配置します。

髪の毛は真っ黒よりも茶色が好印象!

この調子でいろんな場所に色を入れていきましょう。
髪の色は真っ黒でもいいのですが、茶色の方が明るくて良い印象を与えてくれます。

 

ほっぺたにも色を入れよう

ほっぺたにうっすらと赤い色を入れると、もっと良くなります。

まずは丸を描き、パレットから『グラデーションツール』を選択し、色を調整しましょう。

透明度を自分がしっくりくるように調整しよう!

色塗りもだいたい完成!

これで色塗りもだいたい完成しました!
また、光や影もつけるといい感じになるのでやってみましょう。

影は透明度を20%〜30%くらいにするといい感じに!

背景に色をつけていい感じに仕上げる

ここからは別にしなくてもいいですが、背景に色をつけると、よりいい感じになるので色をつけました。

背景の色はブラシツールを使って塗っていきます。
『ウィンドウ』>『ブラシツール』を選択します。

そして、ツール左下にある『ブラシライブララリーメニュー』から『アート』『カリグラフィ』を選択します。

今回は40サイズの斜めブラシを使用しました。
さっそく適当に塗っていきましょう!

パス化したものを選択して背景に持っていけば出来上がりです。
なんとなくイラストっぽさが増してきました。

最後に微調整をして完成!

これでほとんど完成ですが、気に入らない所などがあれば修正しましょう。

影や光を細かく入れることで、より綺麗に見える

いろんなイラストやロゴ作りに挑戦してみよう!

Illustrator初心者でも簡単に人物をイラスト化する方法についてご紹介しましたが、どうでしたか?

はじめは少し時間がかかったかもしれませんが、慣れれば誰でも20〜30分くらいで描くことができます。
しかし、パスでトレースができないという方は、このイラストを描くことすら厳しいかと思うので、そういった場合はトレースを練習するといいでしょう。

また、Illustratorでは人物だけでなくロゴやいろんなイラストを作ることができるので、いろいろ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました