Adobeの便利ソフト一覧を紹介!あなたに合った最適のソフト選びのお手伝い!

Adobeの便利ソフト一覧を紹介!あなたに合った最適のソフト選びのお手伝い! Adobe

Adobeといえば、Premiere Proやillustratorのソフトが有名ですが、Adobeから様々な分野の専門アプリケーションが何種類も提供されています。
なので、いざAdobeで編集ソフトを購入したくても似たようなソフトが多いので、どの編集ソフトを購入したらいいのか分かりにくいですよね。

そこで、今回はいろんな種類があるAdobeソフトの中から、おすすめのソフトをデスクトップとモバイルアプリに分けてご紹介します!

Adobeの画像編集デスクトップアプリ(ソフト)

まずはAdobeの画像編集デスクトップアプリを一覧でご紹介します!
これから紹介するアプリは全てAdobe CCに含まれているので、Adobe CCの規約をすれば全てのソフトを利用することができます。

さっそくAdobeのデスクトップアプリを見ていきましょう!

【Adobeの超定番ソフト】Photoshop(フォトショップ)

Adobeで最も有名な一つのPhotoshop。

画像編集〜レイアウト〜WEBデザインまでをこなす万能ツールです。
特に画像編集機能に特化しており、画像の切り抜きや合成などの画像編集のほとんど全ての作業をこなせる万能なソフトです。

【Adobeの超定番ソフト】illustrator(イラストレーター)

illustratorもAdobeの中で超有名なデザインソフトの一つです。

ビットマップ方式と呼ばれる画像形式を採用しているのがPhotoshopで、
拡大しても画像が荒くならないベクタ方式を採用しているのがillustratorです。

illustratorは雑誌やポスターなどの紙面印刷物のレイアウトにもよく使われています。

【写真編集に特化したソフト】Lightroom(ライトルーム)

Lightroomは、Photoshopよりも写真編集に特化していて、写真をきれいに美しく加工することができます。

また画像を見やすく整理できるアルバム機能が搭載されているのが大きな特徴で、この機能はPhotoshopにはありません。

【ショートムービー制作に最適ソフト】After Effects(アフターエフェクト)

After Effectsは、動画や画像にエフェクトをかけることのできるソフトです。
動画や画像に合成処理をかけたり、VFXを作ることもできます。

そしてAfter Effectsは、特にショートムービーの作成が得意な動画制作ソフトです。

【動画編集の超定番ソフト】Premiere Pro(プレミア プロ)

 Premiere Proは、動画編集の世界で知らない人はいないくらい有名なクリエイターソフトです。
このソフトはAfter Effectsとは違い、動画を切り取ったり動画どうしをつないだりできる動画編集ソフトです。

また、動画にテロップを入れることもできるので、YouTube用の動画制作にもおすすめのソフトです。

【PDF編集に特化したソフト】Acrobat Pro DC(アクロバット プロ ディーシー)

Acrobat Pro DCはPDFの作成や編集ができるので、ビジネスシーンで活躍するソフトです。
このソフトと間違われやすいAcrobat ReaderはPDFの表示や印刷しかできません。

そして、無料で配布されているAcrobat Readerとは違い、Acrobat Pro DCは有償ソフトですが、PDFの文字化けやレイアウトを崩れすることなくPDFの作成や編集をすることができます。

【キャラクターにアニメーション】Character Animator(キャラクター アニメーター)

Character Animatorは、その名の通りキャラクターにアニメーションをつけることができるソフトです。

illustratorやPhotoshopで作成したキャラクターに、WEBカメラを通して自分の動きをアニメーションとしてつけることも可能です。

【WEBアニメーション制作ソフト】Animate(アニメイト)

Animateは、WEBアニメーションの制作ができるアニメーションソフトです。

イラストの作成からアニメーションの付与までを行うことができ、WEB上で動作するコンテンツを自由に作成することができます。

 

【紙面のレイアウトならこのソフト】InDesign(インデザイン)

InDesignは、雑誌などの冊子のデザインができるソフトです。

印刷物のレイアウトはillustratorも得意ですが、ページを跨いだ編集はこちらのInDesignの方が良いです。

そしてillustratorは、枚数の多い紙面のデザインが得意なので、出版業界や広告業界で多く使われています。

【オーディオ編集の一覧作業ソフト】Audition(オーディション)

Auditionは、オーディオファイルの編集ソフトです。

音源を取り込んで編集やミキシングに加え音程の調節などもできるので、オーディオ編集の一連の作業ができるソフトです。

Adobeモバイルアプリ(ソフト)

ここではモバイル版のAdobeアプリ(ソフト)を一覧でご紹介します!

【Photoshopの簡易モバイルアプリ】Photoshop Mix(フォトショップ ミックス)

Photoshop Mixは、画像の切り抜きや合成ができるアプリです。

デスクトップ版の簡易バージョンのようなアプリなので、作業途中のデータをデスクトップ版の製品で引き継ぐこともできます。

【写真編集ならこのアプリ】Photosop Fix(フォトショップ フィックス)

Photosop Fixは、簡単な写真加工が行える写真編集アプリです。

明るさやカラーを調整することができ、簡単な写真の合成や切り抜きが可能です。

高度な編集はできませんが、モバイルアプリ製品としてはかなり優秀です。

【お絵描きに特化したアプリ】Photoshop Sketch(フォトショップ スケッチ)

Photoshop Sketchは、ビットマップ形式のお絵描きアプリです。

出先でも簡単に手描き感覚の描画を行うことが可能です。

質感やテクスチャも選択することができ、デスクトップ版の製品で本格的に仕上げることも可能です。

【Lightroomの簡易モバイルアプリ】Lightroom モバイル版(ライトルーム)

Lightroomの簡易モバイル版のアプリです。

豊富なプリセットが用意されているため、ワンタップで自由にフィルターをかけて画像を加工することができます。

出先で撮ったばかりの写真を、簡易的に加工してみたい人におすすめアプリです。

【Adobeの超便利アプリ】Chapter (チャプター)

目の前にある色やテクスチャを写真で撮ることによって抽出できるアプリです。

ブラシやベクターシェイプを作成でき、Photoshopやillustratorなどで使うことができます。

Adobe CCで便利ソフトを使ってみよう!

代表的なAdobe CCのソフトを一覧で紹介してきましたが、どうでしたか?
Adobeのソフトは数が多いので、どのソフトが自分にとって最適か見つけるための手助けになれば幸いです。

今回、紹介したAdobeのソフト以外にもまだ多くの種類のソフトがあるので、ぜひ一度Adobe CCを利用して、いろんな便利ソフトを使ってみましょう!

 

また、AdobeにはCreative Cloudコンプリートプランというお得なプランがあります。

タイトルとURLをコピーしました