AdobeのCreative Cloudフォトプランがお得なの?単体で買う違いを紹介!

Creative Cloudフォトプラン|新しい写真体験が始まる Adobe

AdobeのCreative Cloudフォトプランをご存知ですか?
Adobeには単体プランやセットプランなどがあるので、自分に合ったソフトのプランを選びましょう!

今回はAdobeのCreative Cloudフォトプランと単体Photoshopの違いやお得な理由などについてご紹介します!

Adobe Creative Cloudフォトプランの方がお得!

AdobeのCreative Cloudフォトプランとは、どのようなソフトがるのでしょうか?
ここではAdobeのCreative CloudフォトプランとPhotoshopの特徴や価格の違いについてご紹介します!

AdobeのCreative Cloudフォトプランとは?

AdobeのCreative Cloudフォトプランは、Adobe PhotoshopとLightroom、Lightroom Classicがセットになったプランです

Photoshop単体でも、画像補正や加工、Webデザインまでいろんなことがありますが、Lightroomは写真の補正・加工に特化したソフトで、RAW現象なども一括で簡単に行うことができます。
写真を多く扱う方はPhotoshopおよりもLightroomで補正し、合成などのデザインの階段になってPhotoshopで編集する方が効率的です。

Creative CloudフォトプランとPhotoshop単体の違い

単体プランで購入することができるPhotoshopとCreative Cloudフォトプランに含まれるPhotoshopのソフトの機能に違いはありません。
しかし、単体プランのPhotoshopにはフォントサービスなどがついていて、高品質な日本語フォントもあるので、単体プランのPhotoshopはよりデザイナー向けのプランです。

そして、Adobeのソフト(Photoshop)を単体で購入する時は月額2,480円ですが、3つのソフト( PhotoshopとLightroom、Lightroom Classic)を使って月額980円のCreative Cloudフォトプランはかなりお得です!

Creative Cloudフォトプラン or Creative Cloudコンピリートプラン!

本来Creative Cloudフォトプラン写真を多く扱う方が対象者です。
特にLightroomはRAW現象や、補正から管理までできるので、プロカメラマンも利用するソフトです。

価格もCreative Cloudフォトプランの方が安いので、Photoshopしか使わない方でもCreative Cloudフォトプランを買うのがおすすめです。

しかし、多くのデザイナーはPhotoshopとIllustratorの両方を使っている方が多いので、これから画像編集の技術を球目たい方は、コンプリートプランで購入した方が単体で2つのアプリを購入するよりもお得です。

Adobe Creative Cloudフォトプランで何ができるの?

AdobeのCreative Cloudフォトプラン( PhotoshopとLightroom、Lightroom Classic)を使うとどのようなことができるのでしょうか?
さっそく、AdobeのCreative Cloudフォトプラン(PhotoshopとLightroom、Lightroom Classic)でできることなどについてみていきましょう!

Photoshop|幅広い加工ができる

写真や画像の編集を行う上で、映像クリエイターとして定番なのが、やはりPhotoshopです。
Photoshopの名前の通り、写真の編集を得意としているソフトです。

写真に文字を入れたり、カットしたり合成したりと、Webデザインにも使われることが多く、画像編集でもやれることの幅が広いのが一番の特徴です。

Lightroom|RAWデータからの現像も簡単

Lightroomは、Photoshopの機能の中から写真の現象・補正機能に特化したソフトです。
Lightroomでは、ほとんどのカメラのRAWデータを現像でき、オンラインストレージと連携しているので、バックアップも簡単に行うことができます。

写真の管理から、明るさや色の調整、不要なものを消すなど、カメラマンに必要な機能を備えています。

Lightroom Classic|自分が使いやすい方を選べる

新しいLightroomはタブレット端末等での操作を想定していますが、ClassicはデスクトップなどのPCでじっくりと編集することを想定し、データの管理もオンラインではなくローカルでの保存を想定しています。

上記のLightroomが出る前からLightroomを使っている人は、Classicのほうが使い慣れていると思います。
Creative Cloudフォトプランには、新旧両方のLightroomが利用できるため、自分が使いやすいほうを選べるのも魅力です。

AdobeCreative Cloudフォトプランを購入するためには?

ここではAdobeのCreative Cloudフォトプランを購入方法についてご紹介します。
できるだけ安く契約しましょう!

Adobeには割引セールがある

Adobeには割引セールがあります。
年に数回、Adobe公式サイトやAmazonなどで割引セールを行うことがあります。
なので、そんな機会を利用したいですが、残念ながらCreative Cloudフォトプランはこれからのセールの対象外となっています

Adobeの体験版で試してみよう!

Adobeのソフトは全て1週間の無料体験をすることができます。
単体ソフトで無料体験をすることも可能ですが、CreativeCloudコンプリートプランで無料体験をすれば、Adobeのすべてのソフトを体験することができます

一度体験版を利用して、ご自身がCreative Cloudフォトプランでいいのか、他のソフトも使う機械がありそうなのか判断しましょう。

二つのCreative Cloudフォトプラン!どっちを選ぶ?

実はCreative Cloudフォトプランには二つのプランがあります。
まずは、 Photoshop・Lightroom・Lightroom Classicの3つのソフトと20GBのストレージが、月額980円で利用できるプラン

そして、1TBのオンラインストレージがついて1,980円のプランもあります。
写真をRAWデータで保存している方は、大量のデータ量が必要で、外出先で編集作業をすることが多い方などにおすすめです!

AdobeCreative Cloudフォトプラン・Creative Cloudコンプリートプランで快適に!

写真編集でRAW現像をするなら、Lightroomはとってもおすすめです。
簡単な操作ができm多くの写真を一度に補正できるのが魅力です。

また、いろんなことができるCreative CloudフォトプランCreative Cloudコンプリートプランがあるので、自分に合ったプランで画像編集・映像制作を楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました