【Adobeソフト比較】Premiere ElementsとPremiere Proの違いは?どっちがおすすめ?

【Adobeソフト比較】Premiere ElementsとPremiere Proの違いは?どっちがおすすめ? Adobe

Adobe社の動画編集ソフトはたくさんあり、どのソフトを使ったら良いのかわかりにくいですよね。
特に、Premiere ElementsとPremiere Proの違いはわかりにくいと思います。

そこで、今回はPremiere ElementsとPremiere Proの違いについてご紹介します!

Premiere ElementsとPremiere Proの機能の違い

Premiere ElementsとPremiere Proの機能にはどんな違いがあるのでしょうか?

さっそくPremiere ElementsとPremiere Proの機能の違いとおすすめする対象者についてみていきましょう!

プロ向け?初心者向け?どっち?

Premiere ElementsとPremiere Proの違いを簡単に表すと、初心者向けかプロ向けかということになります。
Premiere Elementsが初心者向けで、Premiere Proがプロ向けのソフトとなっています。

Premiere Elementsは簡単に操作することができ、自動で色味を補正したりと簡単に高品質な動画を作ることができます
また、エフェクトなどを簡単に加えることができるので、比較的初心者向けとなりますが、動画制作者がこだわりのある動画を作りたい場合は不向きになります。

Premiere Proの操作もある程度、簡単にできるのですが、慣れるまで操作が難しいです。
動画制作社がこだわりを持って動画を作る場合は、Premiere Proがおすすめですが、少し操作に苦戦するかもしれません。

プロの動画クリエイターはPremiere Pro!

Adobe社が提供する様々なソフトを使用すれば、Premiere Proに作れない映像はありません。
また一般の人が手に入る動画編集ソフトの中では最高峰とも言われていて、プロの動画クリエイターの約9割がPremiere Proをするほど人気があります。

Premiere Proが他の動画編集ソフトと違うのは、トランジション(動画の切り替え)や色補正、エフェクトなどを非常に細かいところまで設定することができます。

簡単に操作ができるPremiere Elements!

Premiere Elementsは簡単に使える動画編集ソフトです。
編集方法にはクイック編集とエキスパート編集の2つがありますが、クイック編集は特に簡単に使えるので初心者にもありがたいです。

また特殊効果やエフェクトを簡単につけることができ、その種類も豊富なことから評価が高いです。
最近のPremiere ElementsではAI技術を利用して作品を作ることが可能になっています。
起動しただけで動画を生成できるので、Premiere Proと比較すると簡単に使えることは間違いありません。

Premiere ElementsとPremiere Proの価格の違い

上記でPremiere ElementsとPremiere Proの機能の違いについてご紹介しましたが、価格はどれくらい違うのでしょうか?

さっそくPremiere ElementsとPremiere Proの価格の違いについてみていきましょう!

月額制か買い切りか

Premiere ElementsとPremiere Proの大きな違いは、月額制と買い切りの違いです。
Adobe社が提供しているほとんどのソフトは月額制になっています。
そして、Premiere Proが月額制です。

また、Premiere Elementsはソフトをそのまま買うスタイルになっています。

Premiere Proは月額制『2,480円(税別)』

Premiere Proは毎月2,480円の月額制となっています。
1年間使うことを想定した場合は、2,480×12ヶ月=29,760円となります。
また、年間一括プランは26,160円と少しだけ安くなっています。

Adobe社のソフトは動画編集ソフト以外にも便利なソフトがたくさんあります。
After EffectsやPremiere Proなどは動画制作をするとくにも役立つソフトです。
そして、これらのソフトを一括で使うことができるコンプリートプランがあります。

動画編集を本格的にやっていきたいと考えている方には、コンプリートプランがおすすめです!
コンプリートプランの価格は毎月5,680円と少し高くなりますが、価格以上の価値はあると思います。

Premiere Elementsは買い切り『17,800円(税別)』

Premiere Elementsのソフトは買い切りなので、1回お金を払ってしまえばその後にお金がかかることはありません。
さらにPremiere Elementsは17,800円とPremiere Proを1年使うよりも断然お得です。

しかし、一度買ってしまうとアップデートが行われた時にできないので、難しい所です。

他のAdobeソフトと相性はいいの?

動画編集ソフトとしてAdobe社が提供しているものの中に、After Effectsがあります。
After Effectsは動画編集ソフトと一緒に使うことが多いので、Premiere Elements・Premiere ProとAfter Effectsの関係性についてみていきましょう!

より高度な動画編集をしたいのならPremiere Pro!

この編集ソフトはVFXなどと呼ばれる特殊な映像表現を作るためのソフトです。(Premiere ProやPremiere Elementsとは大きく違いがあります。)

実はAfter Effectsとの互換性が高いのはPremiere Proです
特殊効果を使った映像をPremiere Proで編集して、動画を作ることができます。
しかし、Premiere Elementsでは、After Effectsで作った動画を読み込むだけでかなり手間がかかってしまいます。

このようにAdobe社が提供している他のソフトとの互換性が高いのはPremiere Proです。
動画表現に幅をもたせたいという人は、Premiere Elementsでは物足りない可能性もありますよ。

Premiere Elements・Premiere Pro! 自分に合った方をダウンロードしよう!

Adobe社が提供しているPremiere ElementsとPremiere Proは両方とも、動画編集ソフトです。
しかし、この2つのソフトでは違うところが多々あるので、選ぶ際は注意しましょう!

高度な動画編集をしたい方にはPremiere Proがおすすめです。
初心者で軽く動画編集をするくらいならPremiere Elementsが良いと思います。

しかし、価格や購入方法にも違いがあるので自分に合った動画編集ソフトを選択しましょう。

また、無料体験もあるので一度使ってみたい方は無料体験で試してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました