【Adobeソフト比較】 LightroomとPhotoshopの違いは?どっちがおすすめ?

【Adobeソフト比較】 LightroomとPhotoshopの違いは?どっちがおすすめ? Adobe

Adobeにはたくさんのソフトがありますが多すぎてどのソフトを使ったら良いかわかりにくいですよね。
その中でも使ったことない方だったら特にわかりにくいのがLightroomとPhotoshopの違いです。

いったい、LightroomとPhotoshopでどのような違いがあるのでしょうか?

そこで、今回はLightroomとPhotoshopの違いや特徴などについてご紹介します!

LightroomとPhotoshopとは?

まずはじめに軽く、LightroomとPhotoshopについてご紹介します!

Lightroomとは?

Lightroomは、こだわりの本格的な写真を作ることができる写真ソフトです。
一眼レフカメラや、スマホで撮影した写真を簡単にダウンロードし、「編集・管理・共有」することができます。

またLightroom内の写真はオンライン上に保存されているので、Lightroomがインストールしてあるデバイスからならどこでも最新の状態を確認することも可能です。

Photoshopとは?

Adobe Photoshopは、世界で最も人気の画像編集ソフトです。
写真を合成したり綺麗なグラフィックを作ったりすることができます。

WEB制作などでも使われているソフトでWEBデザイナー・グラフィックデザイナー・CGデザイナーの方もPhotoshop絵を使うことが多いです。

LightroomとPhotoshopの違いとは?

上記で少しLightroomとPhotoshopについて理解したところで、LightroomとPhotoshopの違いについてみていきましょう!

写真管理機能

Lightroomでは写真を簡単に読み込むことができ、共有することができますが、Photoshopでは写真管理をすることができません。

写真管理ができるできないは、大量の写真を扱うかどうかで非常に重要になってくると思います。
Lightroomの場合は、写真選別・検索ともに物凄く簡単に行うことができます。

現像機能

現像機能とは「RAW現像」の機能のことです。
現像機能はLightroom・Photoshopのどちらでもできる機能ですが、Lightroomでは最初から使うことができるようになっています。

そして、Photoshopの方は「Adobe camera raw」というプラグインを使用しないとLightroomと同じ機能は使えません。

またインターフェスの違いもあり、現像機能を使うならLightroomの方が直感的な操作が可能です。

高度な編集機能

高度な編集機能はPhotoshopの方が優秀です!
レイヤー・レイヤーマスク・ブレンドモードなどは、Lightroomにはないですが、Photoshopで行うことができます。

Photoshopでレイヤー機能を使うことで、写真が必要ない部分を削除したり他の写真と合成したり様々なことができるようになります。
Photoshopを使うことで、より美しい写真へと編集することができるのが魅力的です。

色調補正機能

Adobe LightroomとPhotoshopの違いで「編集機能」を上記で説明しましたが、色調整機能の違いは注目すべきポイントなので詳しくご紹介します!

基本的な補正に関してはLightroom・Photoshopの両方ともに搭載されていますが、レベル補正・カラーバランス・グラデーション・特定色域の選択はLightroomでは搭載されていない機能です。
やはり、レイヤーなどを使って色調補正できるPhotoshopはできる表現が多いです。

基本的なところではどちらを使ってもほとんど違いは無いのですが、映像制作するレベルの違いやクオリティによって違いは大きいと思います。

書き出しファイル形式

Photoshopは幅広い形式での書き出しに対応していますが、LightroomではJPEG形式のみで対応しています。

基本的にはJPEG形式のみでも間違いないと思いますが、いろんな形式に対応しているPhotoshopの方が使われる場合は便利です。

定額料金プランの比較

Adobe製品は月額使用料がかかるのですが、単体プランで契約する場合それぞれ料金が異なります。
Photoshopの単体プランが月2,480円(税別)Lightroomの単体プランが月980円(税別)となっています。

この1500円の差は大きいので、自分の作りたい画像にはどんな機能が必要なのかでよく考えるようにしましょう。

結局LightroomとPhotoshopどっちがおすすめ?

ここまで、 LightroomとPhotoshopの特徴や違いについてご紹介しましたが、どうでしたか?

LightroomとPhotoshopの両方とも良い点があるので、自分がどのような画像編集したいのかや、データを管理したいのかによって決めると良いと思います。
また、両方とも買うという手段もあるので、ご紹介します!

高度な画像加工をしたい方はPhotoshop!

画像編集にPhotoshopを使えば、様々な加工をする事ができます!
景色の写真に雨を降らせたり、写真に写り込んでしまった邪魔なものを消したり、写真の一部をそのまま移動させたり、写真の一部の色を好きな色に違和感なく変える事だったり…
このようにPhotoshopは本当に色々な加工ができるソフトです。

Photoshopで高度な加工ができるようになるためには多少の勉強が必要ですが、無限大の可能性を秘めているのがPhotoshopです。

写真管理などが目的ならLightroom!

Lightroomの魅力はやはり写真管理機能の素晴らしさです。
写真管理機能の使いやすさは世界中のユーザーから人気で、一眼レフカメラを使用している方には必需なソフトウェアだと思います。

Lightroomがインストールされているデバイスからいつでもどこでも管理する事ができて
反映スピードもストレスなく反映してくれるので本当に優秀なソフトです。

現像も基本的な事は搭載されているので、撮った写真をさらにこだわって編集する事もでき、大量の写真もわかりやすく管理できるというのは本当に素晴らしいソフトだと思います!

両方の機能が欲しい方はCreative Cloudフォトプランがおすすめ!

Creative Cloudフォトプラン|新しい写真体験が始まる

 

LightroomとPhotoshopの違いとは?で単体での料金プランは説明したのですがここではCreative Cloudフォトプランの説明をしたいと思います。

Creative Cloudフォトプランの特徴としてLightroom、Photoshopがどちらも使えるプランとなております。そこで料金プランに注目してもらいたいのですが、なんと「月々980円(税別)」なのです。
Lightroom単体で月々980円(税別)だったのにそこにPhotoshopも使えて月々の料金が変わらないのはビックリですよね。

何よりPhotoshop単体の方が1500円高いので本当に注意が必要です。

LightroomとPhotoshopの違いなどは説明してきましたが、連携したり、使い分ける事で色々な事ができます。なので単体プランではなくCreative Cloudフォトプランの活用を強くお勧め致します!

他にもいろんな機能を使うならCreative Cloudコンプリートプラン!

Creative Cloudコンプリートプラン|いまのクリエイターなら

 

Adobeには様々なソフトがあります。
そのほとんどのソフトが使えるようになっているのがCreative Cloudコンプリートプランです。
もちろんLightroomとPhotoshopのどちらも含まれています。

映像制作や編集に特化したPremiere Proなども入っていて、最近は一眼レフで高画質動画を撮る方も増えているので、映像制作と画像編集の両方する方にはおすすめです!
特にYouTuberにとってはサムネイルの画像と、動画編集があるのでおすすめです!

また、Adobeのソフトは1週間くらい体験できるものが多いので、興味がある方はぜひ一度試してみてください!

LightroomとPhotoshopそれぞれの特徴を理解して自分に合った方を選ぼう!

LightroomとPhotoshopの特徴や違いについてご紹介しましたが、やはり一番のおすすめはフォトプランを契約して使い分けることをおすすめします!

LightroomとPhotoshopや他のソフトでも、使い分けることで周りとの差がつくようになります。
まずは体験版で使ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました