【Adobeソフト比較】LightroomとLightroom Classicの違いは?どっちがおすすめ?

【Adobeソフト比較】LightroomとLightroom Classicの違いは?どっちがおすすめ? Adobe

世界中の人が写真編集でよく使うのがAdobeソフトです。
そんなAdobeソフト(Lightroom)の写真編集ソフトでも2種類あることを知っていますか?

それは、「Lightroom・Lightroom Classic」です。

そこで今回は、Lightroom・Lightroom Classicの違いや特徴などについてご紹介します!

LightroomとLightroom Classicとは?

 

まず、Lightroomとは何ができるソフトなのでしょうか?

ここではLightroom・Lightroom Classicの基本情報についてご紹介します!

Lightroom・Lightroom Classic

Adobe Photoshop Lightroomは写真管理と写真現像に特化して開発されたソフトです。

デジタル写真の画像処理や管理を行うことができ、写真の現像や修整、写真の管理だけでなく、本やスライドショーの作成もできます。

Lightroomでできることは?

 

大きく変わったのは、クラウド上で写真管理ができるようになったことです。

2017年に「 Adobe Photoshop Lightroom」が大きく変わり、従来のソフトは「Lightroom ClassicCC」と名称を変更し、新たに「Photoshop Lightroom」が追加されました。

※この二つのアプリは別のものだと認識ください。
違いを理解し、比較することで用途別に使い分けましょう。

新「Lightroom」の大きな特徴は写真管理方法で、写真の保管先が全てクラウドになりました
その結果、全く異なる環境から、そして他のデバイス(PCアプリ、スマートフォンアプリ、Webブラウザアプリ)からも同じ画像が簡単に利用・編集できるようになりました。

LightroomとLightroom Classicの購入方法

Lightroom・Lightroom Classicの購入方法はAdobeの公式ホームページから購入し、ダウンロードすることができます。

どちらのプランを選択し、クレジットカード情報を登録するだけで簡単に購入することができます。

また、買い切り版の販売は終了しているので注意してください!

LightroomとLightroom Classicの価格比較

価格はプランごとに違います。
Lightroomは単体プランでの購入が可能ですが、Lightroom Classicは単体で購入をすることができません。
なので、Lightroom Classicを購入する場合は「フォトプラン」という、『Lightroom・Lightroom Classic・Photshop』がセットになったプランを選ぶ必要があります。

Lightroom単体プランの価格は月980円です。
ストレージ1TB(20万枚のjpeg画像の取り扱いが可能)でとても容量が多いです。

Lightroom Classicを購入したい場合はフォトプランになりますが、フォトプランはストレージに応じて20GB(4000枚程度のjpeg画像)だと月980円、1TBだと1980円(1TB)で契約可能です。

LightroomとLightroom Classicの違いは?

ここではLightroom・Lightroom Classicの違いについてご紹介します!
Lightroom・Lightroom Classicの違いをしっかりと把握して使いこなしましょう。

写真の主な作業場所

LightroomとLightroom Classicはそれぞれ主な作業場所が決まっています。

Lightroom Classicはパソコンのデスクトップでのみ作業可能ですが、
新しいLightroomはインターネット環境さえあれば、どのデバイスでも(パソコン・スマートフォン・タブレット)使うことができます。

Lightroom Classicを使う場合は、特定のパソコンにソフトをインストールする必要があります
ソフトをインストールしたパソコンのハードディスク内にデータが保存されるので、他のパソコンではこのソフトを使うことができません。

LightroomはデータがAdobeのサーバー上に自動的に保存されるので、インターネット環境さえ整えば場所やデバイス問わずフレキシブルに写真編集ができます。
この違いを理解して使い分けましょう。

元画像の保管場所

Lightroom Classicはローカルのハードドライブに保存しますが、Lightroomはクラウド上です。
一度アプリで作業した画像はクラウド上に保存されるのでどこからでも作業可能です。

ファイルのバックアップ

Lightroom Classicのバックアップは手動で行いますが、
Lightroomは自動でAdobeのサーバーにバックアップが取られるようになりました。

操作と整理のしやすさ

Lightroom Classicを操作するには写真に関する幅広い知識が必要です。
しかし、Lightroomは直感的で、Lightroom Classicと比較すると簡単に操作しやすくなっています。

そして、Lightroom Classicはキーワードを入力し検索します。
また、Lightroomは自動タグ付けとインテリジェント検索が可能です。

機能

Lightroom Classicは今まで通り全ての機能を使うことができます。

また、LightroomはLightroom Classicに対して現像機能に制限がいくつかあります。
例えば「トーンカーブ・明暗別色補正・カメラキャリブレーション・フリンジ除去」などは使うことができません。
より高度な写真編集をしたい方は機能の違いを確認しましょう!

扱える写真の量

Lightroom Classicは扱える写真の量が無制限です。
(内臓ハードディスクの要領では足りなくなった場合も、外付けのハードディスクを別途購入することで無制限に利用可能)

また、Lightroomは10TBまでの制限があります。
(1TBを超える場合は追加料金で10BTまで拡張可能)

LightroomとLightroom Classicのどっちがおすすめ?

結局LightroomとLightroom Classicはどのような方に向いているのでしょうか?
ここでは映像クリエイター目線からみたLightroomとLightroom Classicを使う方のおすすめをご紹介します!

前から使っていた人とプロのカメラマンはLightroom Classic!

より写真編集の機能が優れているのはLightroom Classicです。
なのでプロのカメラマンを目指している方やより深くまで写真を追求したい方にはLightroom Classicがおすすめです!

また、Lightroom Classicは「Adobe Photoshop Lightroom」がバージョンアップしたものです。
2017年以前から愛用していた人は、引き続きデスクトップで高度な写真補正が可能なLightroom Classicがおすすめです!

初心者と場所問わず作業したい方はLightroom!

Adobe初心者にはLightroomがおすすめです。
アプリの操作がとても簡単で難しくないのでストレスなく作業をすることができます。

また、Lightroomは自動的にクラウド上に保存されるのでパソコンからもスマホからでも、どんな場所からでも編集をすることができます。
なのでパソコンやスマホでいろんな場所から写真編集をする可能性が高い方はLightroomがおすすめです!

自分に合ったLightroomを使おう!

Lightroom・Lightroom Classicの違いは理解できましたか?
それぞれに良さがあるので、比較し違いを知って使い分けましょう!

Lightroom Classicはデスクトップでの写真編集だけですが、より高度な写真編集ができるソフト。
Lightroomはネット環境さえ整っていれば「パソコン・スマホ・タブレット」どこからでも編集可能で便利ですが、写真編集の機能が限られます。

まだどっちにしようか迷っている方は、まずは無料体験で試してみましょう!

 

そして、AdobeにはCreative Cloudフォトプランというお得なプランがあります。

タイトルとURLをコピーしました