【Adobeソフト比較】illustratorとPhotoshopの違いは?どっちがおすすめ?

【Adobeソフト比較】illustratorとPhotoshopの違いは?どっちがおすすめ? Adobe

あなたは画像編集をするときに、どんなソフトを使っていますか?

画像編集として人気のソフトに、illustratorとPhotoshopというものがあります。
しかし、この二つの違いがわからないという方は多いと思います。

そこで、今回はillustratorとPhotoshopの違いや特徴などについてご紹介します!

illustratorとPhotoshopの基本情報!

まずはじめにillustratorとPhotoshopの基本情報についてご紹介します!
似ているところはありますが、使う目的によっては異なるのでしっかりと把握しましょう。

illustratorとは?

illustratorとは、Adobe社が提供しているグラフィック作成ツールです。
Adobe社はAdobe BridgeやAdobe Flash Proffesional、Adobe Flreworksなどのツールも提供しており、Illustratorとの連携が可能です。
そして、Microsoft Officeとの連携もでき、パワーポイントやワードなどの文書で表示・印刷が可能な点も特徴です。

illustratorは1987年に初めて登場し、WindowsやMacを中心にリリースしてきました。
現段階でバージョンは23まで進んでいて、バージョンアップごとに機能が追加され、今ではいろんなデザイナーがillustratorを使っています。

Photoshopとは?

Photoshopもillustratorと同じで、Adobe社から提供されている画像編集ソフトです。
Photoshopも世界中のデザイナーから愛用されていて、特に画像編集で強力なパワーを発揮します。2Dデザインを制作するのに欠かせない存在とも言われており、多くの業種・業界で使用されています。

Photoshopは1990年にリリースされ、バージョンは2.5からはWindowsにも登場し、それ以降はWindowsとMacを中心に対応されています。
類似ソフトがある中でも、多くのデザイナーから絶大な支持を得ており、Photoshopのソフトとして強力さがわかります。

illustratorとPhotoshopの違いは?

illustratorとPhotoshopの違いは?

同じAdobe社が提供している画像編集ソフトですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?
さっそくillustratorとPhotoshopの違いについてみていきましょう!

ベクトル画像とビットマップ画像

まずillustratorとPhotoshopの大きな違いの一つが、画像のデータ形式です。
illustratorがベクトル画像を扱うソフトであるのに対し、
Photoshopはビットマップ画像を扱うソフトです。

さっそく、ベクトル画像とビットマップ画像で何が違うのかについてみていきましょう!

illustrator|ベクトル画像とは?

ベクトル画像は「点と点を線で結ぶ」という考え方で図形を描画していくデータ形式です。
ポイント(点)、ライン(線)、ポリゴン(面)の3つのみで構成され、ビットマップ画像よりも情報量が少ないのが特徴です。

ベクトル画像の最大の特徴は、縮小と拡大を繰り返しても画像が荒くなることがないことです。
ガゾウノサイズが大きくなったとしても、「点・線・面」の情報量が変化することはないので、どれだけ拡大してもぼやけることなく、ハッキリと表示させたいロゴやレイアウトを表示するのにピッタリです!

Photoshop|ビットマップ画像とは?

ビットマップ画像は、細かいドットが集合して色や形を表現するデータ方式です。

ピクセルとは画素のことを指し、デジタル画像においての最小単位です。
1ピクセルごとに色の情報を持つので、ベクトル画像よりもデータ量が多い特徴があります。

また、1ピクセルごとに色の指定ができるので、陰影をつけたり細かい色違いをすることが可能です。
しかし、画像のサイズが大きくなればなるほど表現に必要なピクセルの数も増えていくため、拡大すると画像が荒くなるといデメリットもあります。

illustratorとPhotoshopの特徴

ここではillustratorとPhotoshopの特徴についてご紹介します!
両方の特徴をしっかりと理解した上で、自分に合った方のソフトを選びましょう。

illustratorの特徴

illustratorは、ハッキリとした線や色を表現することができるので、図形やイラストを作成すること特化しています。

👇主なツールや機能は以下のようになっています。

  • 楕円形ツールパス
  • ファインダーツール
  • ペンツール
  • レイヤー

illustratorではこのようなツールを使ってロゴやパッケージデザイン、キャタクターを制作することができます。
画像をペンツールでトレースし人物の似顔絵やアニメのキャラクターを描いたり、その作ったデータを印刷会社に入稿することも可能です。

また、雑誌の表紙やページ、広告のデザイン・編集(DTPオペレーション)などもできます。
さらに、図形を組み合わせて連続スタ柄のデザインを作ることも可能で、それをPhotoshopに持っていけば、画像に合成することもできます。

Photoshopの特徴

Photoshopは、画像の加工に特化しており、写真の切り抜きや結合で新しいイメージを作り出したり、色や明るさを調整したりすることができます。

👇主なツールや機能は以下のようになっています。

  • ペンツール
  • 被写体を選択
  • 他の画像とトーンを合わせる
  • ブラシツール
  • 塗りつぶし
  • 歪みツール
  • レイヤー効果

Photoshopでは、このようなツールや機能を使って、写真の切り抜きや合成・加工、色や明るさの細かい設定はもちろん、ブラスで油絵や水彩画のような透明度や筆圧を再現することができます。

また、Photoshopはビットマップ画像で表現する手法なので、ピクセルやビットマップで描かれたWEBブラウザとの相性が良く、jpgやpngへの書き出しも簡単にできるので、WEBデザインにも向いています。

illustratorとPhotoshopを使い分けよう!

illustratorとPhotoshopの機能や特徴の違いなどについてご紹介しましたが、どうでしたか?

どちらにも特徴があるので、状況に応じて使用するのがベストです。
なので、映像クリエイターやデザイナーを目指している方は、両方使い分けれるようにしましょう!

また、illustratorとPhotoshopには体験版があるので、ぜひ試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました