Creative Cloudコンプリートプランとは?機能や特徴を紹介!

Creative Cloudコンプリートプラン|いまのクリエイターなら Adobe

さっそくですが、Creative Cloudコンプリートプランを知っていますか?
Adobeで色んなソフトを契約している方は多いと思いますが、Creative Cloudコンプリートプランにした方がお得な方が結構多いと思います。

そこで、今回はCreative Cloudコンプリートプランの概要や特徴などについてご紹介します!

Creative Cloudコンプリートプランとは?

Creative Cloudコンプリートプランは、PhotoshopIllustratorといった定番アプリはじめ、フォントなどサービス、クラウドならでは機能統合。
初心者からプロまで、あらゆるクリエイティブ分野あなたアイデア叶えます。

ここではCreative Cloudコンプリートプランの概要についてご紹介します!

Creative Cloudコンプリートプランの概要

Creative Cloudコンプリートプランを契約すると使えるソフトや概要は以下のようになっています。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • InDesign
  • Adobe XD
  • Lightroom
  • Acrobat Pro
  • Animate
  • Dreamweaver
  • Premiere Pro
  • Premiere Rush
  • After Effects
  • Dimension
  • Audition
  • InCopy
  • Lightroom Classic
  • Media Encoder
  • Character Animator
  • Prelude
  • Fuse
  • Bridge
  • 100 GBのクラウドストレージ、Adobe Portfolio、Adobe Fonts、Adobe Sparkのほか、最新の機能やアップデートをリリースと同時に利用できます。

このようにCreative Cloudコンプリートプランでは、色んなソフトを使うことができ、クオリティで月額5,680円(税別)なので、とてもお得だと思います!

Creative Cloudコンプリートプランの特徴

ここではCreative Cloudコンプリートプランの特徴について詳しくご紹介します。
さっそくCreative Cloudコンプリートプランの特徴についてみていきましょう。

Adobeの人気ソフトが使い放題

Creative Cloudコンプリートプランを契約すると、Premiere Pro、After Effects、Photoshop、IllustratorなどのAdobeの人気ソフトをサブスクリプション形式で利用することができます。

Creative Cloudコンプリートプランの名前に「Cloud」がが入っていますが、全てのソフトをWEB上で利用する意味での「Cloud」ではなく、あくまでソフトはPC上にインストールして利用する方式になっています。

また、Creative Cloudコンプリートプランを略して「Adobe CC」と呼ばれることもあります。

初期費用を抑えることができる

Creative Cloudコンプリートプランは月額5,680円(税別)で、その月から全てのソフトを利用することができます。
年間にすると68,160円(税別)ですが通常ソフトを購入する場合、数万円〜数十万円の初期費用が必要になります。

なので、初期費用を抑えたいと思っている方にとってかなり良いと思います。

また、Creative Cloud個人版ライセンスで使用できるPCの台数は2台となっています。
複数のコンピューターにアプリケーションをインストールすることが可能ですが、1度に1つのPCでの起動となります。

常に最新のバージョンにアップデート

Creative Cloudコンプリートプランを契約すると、使っているソフトを常に最新のバージョンにアップデートすることが可能です。

バージョンアップデートは任意なので、現在のバージョンの方が気に入っている場合はそのまま使い続けることが可能です。

Creative Cloudコンプリートプランにした方が良い人

上記でCreative Cloudコンプリートプランの概要や特徴などについてご紹介しました。
ここでは上記のことを踏まえつつCreative Cloudコンプリートプランにした方が良い人の例をご紹介します!

もし、自分がCreative Cloudコンプリートプランにした方が良い人に含まれていたら、Creative Cloudコンプリートプランの購入を検討してみましょう。

ソフトを2つ以上使いたい方

例えばPremiere ProとAfter Effectsの契約を考えた場合、これらのソフトを単体で契約すると、月額2,480円(税別)×2になるので、2つだけのソフトでも月額4,960円(税別)となります。

「ソフトが多くて使わないソフトの分だけ高くなるのではないか」と思われがちですが、Creative Cloudコンプリートプランの月額が5,680円(税別)だということを考えると、3ソフト以上をご利用になる場合は、Creative Cloudコンプリートプランの方が確実に割安になります。

Creative Cloudファイルにデータを保管したい方

Creative Cloudコンプリートプランには、Adobeソフト意外に「Creative Cloudファイル」という100GBのクラウドストレージがセットになっています。
制作したファイルの保存や共有をcloudで行うことができるので、他の人との連携が楽になり、PC容量の圧迫を防ぐことができます。

色んなソフトでいろんなことにAdobeソフトを使っていく方であれば、管理するファイルが多くなるため、「Creative Cloudファイル」は非常に便利な機能です。

色んな分野の仕事をしている方

フリーランスなどで色んな分野の仕事をこなしている方にもCreative Cloudコンプリートプランはおすすめです。

「映像・アニメーション・資料・写真・イラスト・ポートフォリオ」の制作まで色んな分野のソフトを使うことができます。
それぞれの連携もスムーズに行うことができ、Adobeソフトを全てこなすことはとても合理的で効率的だといえます。

Creative Cloudコンプリートプランで新しい新生活を始めよう!

Creative Cloudコンプリートプランは、クリエイティブな制作を行う上でよく使うソフトが使いたい放題なので、人気が高いプランです。

なので、Amazonや比嘉のWEBショップなど、Adobe公式ではないところで販売されているものもありますが、購入後のサポートやAdobe公式チュートリアルの豊富さも含めてAdobe公式からの購入の方がおすすめです。

自分がやりたいことや、金銭面などと相談しつつ最適のソフトやプランを選びましょう!

タイトルとURLをコピーしました