After Effectsってどんなソフト?特徴や価格・購入方法も紹介!

After Effects|圧倒的なエフェクトでインパクトの強い作品に Adobe

映像や動画を制作・編集するAdobeソフトといえば、Adobe Premiere Proを思い浮かぶ方の方が多いと思います。

Adobeには、Premiereに加えてもう一つ、After Effects(アフターエフェクト)という映像制作ソフトがあります。
After Effectsを使いこなすことができたら、動画の可能性は無限大になるので使いましょう!

今回はAfter Effectsの特徴や価格・購入方法などについて詳しくご紹介します!

 After Effectsとは?

After Effectsとは?

 

After Effectsは、「モーショングラフィックス」を制作するソフトです。

ここではモーショングラフィックやAdobe Premiereとの違いなどについてご紹介します!

モーショングラフィックスとは?

モーショングラフィックスとは、ロゴやイラスト、文字などに動きを持たせるアニメーションのことです。

最近ではテレビや映画の映像や、電車内のデジタルサイネージなどの身近なところでモーションフラフィックスを見かけることも増えてきました。
そのモーショングラフィックスを制作するためのソフトがAdobe After Effectsです。

After Effects とAdobe Premiere との違いは?

Adobe PremiereもAfter Effectsも映像編集ソフトですが、それぞれメリット・デメリットがあります。
Adobe Premiereはすでに撮影してある映像をカットしたり、それにテロップを付け加えたりすることを得意とするソフトです。

また、After Effectsは何もないところにゼロからアニメーションを作ったり、素材を重ねて複雑な動きをつけたり、映像に特殊効果をつけることを得意としています。
どちらのソフトも使いこなすことで、映像表現の幅を広げることができます。

動画制作に After Effectsは必要?

近年ではYouTuberなどの仕事をする人も増え、自分で動画編集をする方も増えてきました。
今では、無料のソフトやスマートフォンアプリでも動画編集をすることはできるし、
有料のソフトでもPremiereだけで動画編集をしているという人が多いと思います。

しかし、After Effectsを使いこなせば、他の人との差ができて良い動画を作ることができます。

After Effectsでできることや特徴!

After Effectsでできることや特徴!

ここまでAfter Effectsについてご紹介してきましたが、After Effectsはモーショングラフィックス以外にも様々なことができます。

さっそくAfter Effectsでできることや、After Effectsでできることや特徴などについてみていきましょう!

映像にCGを加えられる

After Effectsの基本機能で最大の特徴であるのが「映像にCGを加える」という機能です。
火花、雪、炎や爆発、煙など元の映像にはなかったものを加えることができます。

Premiereにもそのような機能はありますが、After Effectsはいろんな微調整が可能なため、よりリアルな映像にすることができます。

文字に動きをつけれる

After Effectsでは、テロップやタイトルの文字に動きを加えることができます。

これもAdobe Premieで動きのある文字を加えることができますが、After Effectsではもっと細かな動きの指示などを与えることが可能です。

映像×映像を合成できる

Photoshopなどで、画像を合成するように、After Effectsでは動画を合成することができます。

マスキングやトラッキングの機能もついているので、動きのある映像の中でも綺麗な合成を作ることができます。

いらないものを消せる

After Effectsでは、映像に映り込んでしまったものをい消すことも可能です。

撮影時には気空いていなかった映り込みや、どうしても入り込んでしまうものなどはAfter Effectsでの編集で消しましょう!

自分のキャラクターを自由自在に操れる

自分で作ったキャラクターにRigという骨格のようなものを設定し、自由自在に動かすことができます。

仕事じゃなくて遊びでもやってみたら面白いですよ!笑

映画のように手振れ効果を付けれる

映像を撮影する時点では、手振れしないように撮影することが多いですが、映画などで臨場感を出すために、わざと手振れのような効果を加えることがあります。

そこで、After Effectsの機能には、そう言った手振れ効果を加えるための機能が搭載されているので、ぜひ試してみてください!

いろんな空間を創造できる

After Effectsは宇宙空間を創造したり、水の中や、映画「アバター」のような異次元の世界観を創造することができます。

なので、After Effectsを利用することで、そこにはない世界を創造することができます

After Effectsの価格や購入方法は?

After Effectsの価格や購入方法は?

ここまでAfter Effectsでできることや特徴などについてご紹介してきましたが、
気になるのは価格と購入方法ですよね。

ここではAfter Effectsの価格や購入方法についてご紹介します!

買い切り購入はできる!?

現在ではAdobeのほとんどのソフトはクラウドの月額制に集約され、ソフトの買い切りをすることはできません。

After Effectsを利用したい場合は、他のソフト同様に月額制の契約をする必要があります。

After Effectsの価格は月額2,480円(税別)!

After Effects単体でも利用の場合の価格は、定価月額2,480円(2020年5月現在)です。
After Effectsの単体プランは、年に数回Adobeの公式ページやamazoなどで割引セールを行うので、そのタイミングを狙うのも良いと思います。

また、映像制作ということであれば、Adobe Premieを同時に使う方法も良いと思います。
2つのソフトを利用する場合は、Adobeソフトがすべて使えるCrearive Cloudのコンプリートプランがおすすめです。

Crearive Cloudのコンプリートプランの定価は月額5,680円です。
いろんな機能が全部使えてこの価格なので安いくらいだと思います。
セール時の割引率や価格はその都度異なりますので、ご確認ください。

After Effectsの購入・ダウンロード方法

ほとんど全てのAdobeソフトの購入、ダウンロード方法が同じです。
Adobeの公式ページに飛んで、そのまま購入、クレジットカード払いを選択すれば、次の月からも同じクレジットカードから引き落としがされます。

また、量販店などで購入することも可能です。
その場合は裏にコードの書かれたカードを購入し、PCからサイトにアクセスし、サイトでコードを入力することでダウンロードが可能になります。

買うか迷っているならまずは体験しよう!

Adobeのほとんどのソフトは1週間の無料体験をすることができます。
実際にお金を出してソフトを購入する前に、無料体験をダウンロードし、実際にソフトを触ってみることをおすすめします。

無料体験はダウンロードした日から1週間なので、ゆっくりとソフトに触れる時間があるタイミングを見計らってダウンロードするようにしましょう。

まずはAfter Effectsを無料体験してみよう!

Adobe Premiereがすでにある映像を切り貼りして編集するソフトで、After Effectsは実際にはないものを加えたり、ゼロからアニメーションを作り出したりするためのソフトです。
本来はそこにない、光や火花を加えたり、逆にそこにあったはずのものを消したり、文字やイラストを自由自在に動かしたり…

After Effectsはゼロから作り上げるソフトなので、使いこなすことができれば可能性は無限大です!
まずは無料体験でAfter Effectsを使ってみて、映像ライフを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました